ホンダ「シビック」、日本復活から1年の通信簿

販売はまずまず、ただし先々には不安も

ホンダ「シビック」が日本復活から1年。成果は?(撮影:梅谷秀司)

昨年、7年ぶりの日本市場復活を遂げたホンダ「シビック」。5ドアハッチバック、4ドアセダンに加えて、高性能版の「シビックタイプR」の3タイプを7月27日に発表、9月29日に発売した。発表から1年。復活したシビックは成果を収められたのか。

小さなクルマが売れ筋の中で健闘

日本自動車販売協会連合会の統計によれば、9月末の発売にもかかわらず同月のシビックは1289台を売り、乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(軽自動車除く)で40位に顔を出した。翌10月こそ50位圏外で、わずか490台(ホンダ調べ)の販売だったが、同11月は42位で1088台、12月には38位で1475台という販売実績だった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

年が明け、1月には36位、4月に33位、5~6月が35位というように、若干の上下はあるが、新型シビックは毎月30位半ば~40位あたりを推移している。販売台数とその順位が、どれくらいであるのかをほかのホンダ車と比較してみると、シャトル(ステーションワゴン)より少ないが、オデッセイ(ミニバン)より多いという位置関係だ。

「トヨタ『10代目カムリ』、発売1年の通信簿」(2018年8月20日配信)で取り上げたように、昨年7月に約6年ぶりのフルモデルチェンジで10代目に以降したトヨタ自動車の「カムリ」は、今年1~6月の同集計で34位。33位で同じくトヨタの「クラウン」とともに4ドアセダンとしては善戦している。

今年1~6月の同集計で、シビックは37位。ホンダ車で軽自動車を除き販売台数上位にあるのは、5位の「フィット」、9位の「フリード」であり、いずれもコンパクトカーだ。「N‐BOX」などの軽自動車人気とともに、小さなクルマがホンダの売れ筋の中で、昔の名前を日本市場に復活した成果として、シビックの復活1年目は健闘したといえるだろう。

次ページ一方、トヨタ「カローラ」は
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT