ホンダ「シビック」、日本復活から1年の通信簿

販売はまずまず、ただし先々には不安も

ホンダ「シビック」が日本復活から1年。成果は?(撮影:梅谷秀司)

昨年、7年ぶりの日本市場復活を遂げたホンダ「シビック」。5ドアハッチバック、4ドアセダンに加えて、高性能版の「シビックタイプR」の3タイプを7月27日に発表、9月29日に発売した。発表から1年。復活したシビックは成果を収められたのか。

小さなクルマが売れ筋の中で健闘

日本自動車販売協会連合会の統計によれば、9月末の発売にもかかわらず同月のシビックは1289台を売り、乗用車ブランド通称名別新車販売ランキング(軽自動車除く)で40位に顔を出した。翌10月こそ50位圏外で、わずか490台(ホンダ調べ)の販売だったが、同11月は42位で1088台、12月には38位で1475台という販売実績だった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

年が明け、1月には36位、4月に33位、5~6月が35位というように、若干の上下はあるが、新型シビックは毎月30位半ば~40位あたりを推移している。販売台数とその順位が、どれくらいであるのかをほかのホンダ車と比較してみると、シャトル(ステーションワゴン)より少ないが、オデッセイ(ミニバン)より多いという位置関係だ。

「トヨタ『10代目カムリ』、発売1年の通信簿」(2018年8月20日配信)で取り上げたように、昨年7月に約6年ぶりのフルモデルチェンジで10代目に以降したトヨタ自動車の「カムリ」は、今年1~6月の同集計で34位。33位で同じくトヨタの「クラウン」とともに4ドアセダンとしては善戦している。

今年1~6月の同集計で、シビックは37位。ホンダ車で軽自動車を除き販売台数上位にあるのは、5位の「フィット」、9位の「フリード」であり、いずれもコンパクトカーだ。「N‐BOX」などの軽自動車人気とともに、小さなクルマがホンダの売れ筋の中で、昔の名前を日本市場に復活した成果として、シビックの復活1年目は健闘したといえるだろう。

次ページ一方、トヨタ「カローラ」は
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。