トヨタ「アル・ヴェル」が苦手な人たちの心理

高級ミニバンの持つ威圧とそれへの妬み

どこか苦手に思っている人が少なくないクルマです(写真はトヨタのサイトより)

存在感を放っている「アルファード/ヴェルファイア」

高級車が大型セダン一辺倒だった時代は遠い過去。現在の高級車で大きな存在感を放っているのが、最大8人乗りで背の高い大型ミニバンだ。その中でも別格といえるのが、トヨタ自動車の「アルファード/ヴェルファイア」(アル・ヴェル)兄弟だろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

全長約4.9m×幅1.85m×高さ約1.9mの迫力ある車体。アルファードはもともと1995年に登場した後輪駆動・縦置きエンジン「グランビア」の流れをくみ、2002年から初代モデルが展開されている。プラットフォームをエスティマと共用して横置きエンジン・前輪駆動ベースに切り替え、車体の軽量化と広い室内を実現した。

2008年5月の2代目アルファードに設定された兄弟車がヴェルファイア。その後、2015年1月に2車種ともフルモデルチェンジ(全面改良)、直近は2017年12月に大幅なマイナーチェンジ(一部改良)を施した。

2車種はほぼ同じだがたとえばアルファードの場合、もっとも手頃なグレードでも車両本体価格は335万4480円。トヨタのサイトでカーナビとフロアカーペットという最低限の装備を付け、下取りなし、値引きなしで見積もりしてみると総額400万円近くになる。

最上級グレードのハイブリッド仕様ともなると同735万8040円というプライスタグが付けられており、これも上記と同条件で総額800万円に迫る。トヨタモデリスタが架装を担当する「ロイヤルラウンジ」は1500万円を超える価格となっており、まるでそこは走る応接室といった様相。今では企業の重役や政治家、芸能人なども愛用する名実ともに高級車といえる活躍を見せている。

次ページネット上の熱狂的クルマ好きからは…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT