ステップワゴンがHVをスパーダに限ったワケ

ホンダのかつての「ドル箱」は苦戦を脱せるか

ホンダ「スパーダ」にハイブリッド車が追加(写真:Honda Media Website)

ホンダの7/8人乗り背高ミニバン「ステップワゴン」が反撃に打って出た。9月29日のマイナーチェンジ(一部改良)で、派生モデル「SPADA(スパーダ)」に2モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID」搭載仕様が設定された。ステップワゴンとして初めてのハイブリッド車だ。

5代目となる現行ステップワゴンは2015年4月に登場。跳ね上げ式リアゲートの中に横開きの扉を仕込んだ「わくわくゲート」、趣味のよい造形と色彩のインテリア、乗り心地とハンドリングを両立した足回りなど、完成度は高かった。

ところが、筆者が発売から1年弱のタイミングで寄稿した「ホンダ『ステップワゴン』まさかの苦戦の理由」(2016年3月27日配信)でも指摘したように、ステップワゴンは新車効果がある中でも、直接のライバルとなるトヨタ自動車「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」3兄弟に大きく水をあけられた。それどころか、当時モデル末期だった日産自動車「セレナ」にさえ肉薄されていたのだ。

トヨタノア(写真:Honda Media Website)

その後、昨年8月にセレナがフルモデルチェンジ(全面改良)したことで、この状況はさらに顕著になった。日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している2017年1~6月の販売台数を見ると、ヴォクシー/ノア/エスクァイア3兄弟が計9万525台、セレナが5万4344台に対して、ステップワゴンは2万1752台と苦戦は鮮明だった。

ハイブリッド車がないと苦戦

かつてステップワゴンは、この分野で圧倒的な王者だった。1996年に登場した初代がこの市場をつくったともいえるからだ。それまでの日本のワンボックス(1BOX)車は、エンジンを座席の下に置いて後輪駆動とする「キャブオーバー」と呼ばれるタイプが主流。対して初代ステップワゴンは車体前部(フロント)にエンジンを配置して、前輪を駆動する「FF(フロントエンジン・フロントドライブ)」方式を採用することで、床を低くしつつ四隅まで切り立ったボディデザインを実現。その後のホンダの躍進を支える大ヒット車種の1つとなった。

次ページ奥様方の井戸端会議が売れ行きに影響
関連記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。