ハリアーとNXの違いに映るレクサスの価値

トヨタのSUV2車種、それぞれの持ち味

左からトヨタ自動車「ハリアー」、レクサス「NX」。トヨタ、レクサスというブランドの違いはあっても、両車はいわゆる「兄弟車」のような2車種(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車「ハリアー」。高級車ブランドであるレクサスの「NX」。この2つの高級クロスオーバーSUVは、ボディサイズやパワートレーンなどが、非常に近しい関係にある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

3代目となる現行ハリアーは全長4725×全幅1835×全高1690mm、現行モデルが初代となるNXは全長4640×全幅1845×全高1645mm。NXのほうがハリアーより全体的に若干ながらコンパクトだが、両車とも前後車輪の間隔であるホイールベースは2660mmで共通。ボディサイズはほぼ同じと言っても差し支えない。

さらに進化したハリアーとNXの魅力とは

味付けの違いから少し出力特性が異なるものの、両車のターボ、ハイブリッドというパワートレーンに採用されているエンジン、モーター(ハイブリッドのみ)は、いずれも同じ型式になっている。トヨタ、レクサスというブランドの違いはあっても、両車はいわゆる「兄弟車」のような間柄とも言える。2車種を横に並べるとサイズ感の近しさがよくわかる。

ハリアーは、もともとレクサス「RX」として北米で販売されてきた。しかし北米を中心とした市場ではより大きな車体寸法が好まれ、RXは2009年登場の3代目から独自の車体を設けフルモデルチェンジした。その3代目RXは日本でも販売されたが、車体が大きすぎて歴代ハリアー所有者からは敬遠されるようになった。そこでハリアーの3代目は国内専用車として開発され、2013年に発売された。

一方のレクサスNXは、レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして、その翌2014年に新登場した。国内専用の3代目ハリアーが登場したことで、レクサスNXという新商品が生まれたことが見えてくる。

その後今日に至るまで、コンパクトクロスオーバーSUVは、世界市場での成長分野であり、国内へもジャガー「E‐PACE」、ボルボ「XC40」、アルファロメオ「ステルビオ」など、競合車種が次々に導入されている。

次ページ両車の価格差はざっと100万円以上
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。