ハリアーとNXの違いに映るレクサスの価値

トヨタのSUV2車種、それぞれの持ち味

世界と戦うクルマとして圧倒的な存在感を放つNX

レクサスNXは、レクサス特有のスピンドルグリルと車体側面の彫刻的な外観で、海外の競合他車と戦うSUVであることを一目で感じさせる。実際、ハリアーと比べると全長がやや短いのだが、そうした造形の強い個性によってRXに通じる大きさや存在感を覚えさせる。肩肘張って生きている人のクルマといった見栄えだ。威圧的であり、近寄り難さがある。

大胆なデザインの進化と走りのさらなる熟成を実現(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

この外観が、身近さを覚えさせるハリアーとの大きな違いだろう。

室内も造形の一つひとつが線や形を主張し、見た目ににぎやかだ。外観に通じるいかつさがある。内外の造形は、競合の海外メーカーのコンパクトSUVとも異なり、レクサスであることを強く主張している。そこに、NXの存在理由はあるはずだ。

先進装備を充実させ、快適性・利便性を高めている(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

走行感覚も、全体的に硬さがあり、しなやかに駆けるという印象は少ない。速いが、道と戦っているような感覚を覚えさせるところがある。

レクサスは、ブランド全体的に世界最先端の走行性能を追求する傾向があり、いかにも速いが、単調になりがちだ。しなやかに野の道を駆ける快さは薄く、都市や高速道路をひたすら速く走るという印象だ。

人口が密集し、都市が肥大化する、いかにも日本発の高級ブランドといえる。超高層マンションのペントハウスに住む豊かさはあっても、見渡す限りの野が自らの地所だといった豊かさとは異なると例えられるかもしれない。

しかし、世界は今、人口増加と都市の肥大化によって日本の住環境に近づきつつある。それは、レクサスが築いてきた志向に向かっているといえる。ブランドとしてのレクサスの価値が次第に世界に広がっているのは、そうした環境の変化に負うところもあるのではないだろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT