「カローラスポーツ」買うならどのグレードか

HVとターボなど数多い選択肢から探る

スタイリッシュなデザインやキビキビした走行性能など専門家の評価が高い(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車から6月下旬に登場したばかりの「カローラスポーツ」。12代目カローラシリーズの先駆けとして、それまでの保守的なスタイルから一転してアグレッシブなデザインで登場した5ドアハッチバック車だ。順次セダンやワゴンモデルもリリースされると予想されている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな新型カローラスポーツは、全幅が1790mmと日本国内で販売されるカローラシリーズの本流モデルとしては初めて3ナンバーサイズへと拡大がなされた(派生モデルの「カローラルミオン」は3ナンバー)。10代目から日本仕様はグローバルなカローラシリーズとは異なった5ナンバーサイズを維持した独自の発展をしており、12代目でグローバルなカローラに合流したともいえる。

そもそも日本や欧州市場で2006年から販売されていた「オーリス」という車種が、ほかの国ではカローラ名義で販売されている車種であり、実質的にはずっと日本市場にも存在していた。それでも、やはり大々的にカローラの冠を付けるということはいろいろなものを背負ってしまうということだろう。なお、今回登場したカローラスポーツも欧州では引き続きオーリスで販売される。

パワートレインは(今のところ)2種類

従来のカローラであれば、エンジンは1500ccと1300ccの自然吸気タイプがメイン、というのがある意味不文律だった。カローラスポーツではそれを鮮やかに打ち破り、1800ccエンジンとモーターを組み合わせるハイブリッドと1200㏄ターボエンジンの2つのラインナップでスタートしている。

このエンジンはどちらもトヨタのコンパクトSUV「C-HR」に搭載されているものと同スペック(つまりハイブリッドはプリウスと同じ)だが、最大の違いは1200ccターボに6速MT(マニュアルトランスミッション=手動変速機)が用意されるという点(遅れて8月発売予定)。しかもガチガチのスポーツグレードではなく、3グレードすべてに用意されるというから、MT主義のユーザーにも選ぶ楽しみが与えられていることはうれしい点だろう。

次ページカローラスポーツを買うなら
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。