「カローラスポーツ」買うならどのグレードか

HVとターボなど数多い選択肢から探る

といったところで、独断と偏見ながらこのカローラスポーツを買うなら、いったいどのグレードがいいだろうか?

日本国内における各グレードと車両本体価格は以下のとおりだ。

■ガソリン(8NR-FTS/1.2Lターボ)
●FF
・6MT(マニュアルトランスミッション)
G“X” 210万6000円
G 222万4800円
G“Z” 238万6800円
・CVT
G“X” 213万8400円
G 225万7200円
G“Z” 241万9200円
●4WD(CVT)
G“X” 233万2800円
G 245万1600円
G“Z” 261万3600円
■ハイブリッド(2ZR-FXE/1.8L+モーター)
●FF
ハイブリッドG“X” 241万9200円
ハイブリッド G 252万7200円
ハイブリッドG“Z” 268万9200円

エンジンは?

最初に悩むのがエンジンだろう。実はカローラスポーツはハイブリッドもガソリンターボも基本的な装備に差はないため(ハイブリッドに依存する非常時給電システムなどは除く)、純粋にどちらが自分にとってベストかで選択することができる。なお、MTに関してはほとんどが指名買いとなるだろうから、ここでは除外する。また4WDが必須というユーザーについてもターボモデルのみの設定となるため今回は外して考えたい。

ハイブリッドモデルはなんといってもその34.2km/L(JC08モード Gグレード)という燃費性能が魅力だが、燃費のみを重要視するのであればプリウスの37.2km/L(JC08モード Sグレード)には敵わない。価格もカローラスポーツが約258万円(ハイブリッドGグレード)に対しプリウスが約256万円(Sグレードにトヨタセーフティセンスを選択)と車格に対して差がないというのが実情だ。実際に購入するのであれば、プリウスのほうが値引額も大きくなるだろうから、燃費だけでハイブリッドモデルを選ぶのは尚早と言える。

次ページターボモデルは買い得感が高い
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT