ホンダ「N-VAN」、実際買うならどのグレードか

3つのスタイル、仕事・レジャーで選び分け

どんな場面で使うのかを考えると、おのずと選ぶグレードを絞ることができそうだ(撮影:今井康一)

「軽バンの新しいかたち」として7月13日に発売されたホンダ「N-VAN」。名前からもわかるようにホンダ「Nシリーズ」の軽自動車第5弾であり、Nシリーズ初の商用車でもある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

それまでホンダの軽ワンボックスバンは、エンジンをミッドシップに搭載したアクティが長年そのポジションを担っていたが、N-VANは昨年登場した2代目「N-BOX」がベースとなっているため、フロントエンジンとなり、荷室長が大幅に短くなってしまっている。その結果、畳のような大きなサイズなものを積むことが不可能となってしまっており、やむをえず他メーカーの軽バンへの代替を余儀なくされるユーザーも出てくるだろう。

しかし、ホンダはただユーザーが流出してしまうのを見ているわけはなく、新たなユーザーを取り込むべく従来の軽バンにはなかった助手席側のセンターピラーをなくした大開口を持ったボディと、助手席部分までフラットになる荷室を用意し、アウトドアアクティビティにも使える車種に仕上げた。その結果、発表してまもなくビジネスユーザーだけではなく、一般のユーザーからも注目を集める車種となった。

N-VANはその名のとおり全車商用車登録の4ナンバーとなるが、軽自動車の場合は新車時が2年車検なのは登録車と同じものの、次の車検は登録車のように1年車検ではなく2年車検となるため、日常使いでもそれほど不便さを感じないところが魅力と言える。

必要な装備は全グレード標準装着

N-VANのウリとなる助手席側センターピラーレスボディや助手席シートまでフルフラットになる荷室はもちろん、フルオートエアコンや先進安全装備のホンダセンシング(Honda SENSING)までもがすべてのグレードで標準装備となる(ホンダセンシングはターボ車以外にレス仕様も用意)。

そのため、基本的な機能面においてはグレード間の差はなくなることになる。もはや軽バンといえども先進安全装備はマストになってきた。むしろ乗用車よりも稼働率の高い商用車こそ、こういった装備は積極的に標準装備となるべきかもしれない。

グレードと車両本体価格は以下のとおりだ。

●N-VAN
G・Honda SENSING(6MT・CVT)

  FF    126万7920円
  4WD    137万7000円

L・Honda SENSING(6MT・CVT)
  FF     134万1360円
4WD   145万0440円
次ページグレードは大きく分けて3つ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。