マツダ「CX-8」買うならどのグレードが良いか

駆動方式や乗車人数も選べる3列シートSUV

昨年末に発売したマツダ「CX-8」(撮影:尾形文繁)

昨年12月に登場し、販売1カ月での累計受注台数が1万2000台を超えるほどの大人気車種となったマツダ「CX-8」。月販販売計画台数が1200台というから、その10倍もの注文が殺到した計算になる。通常、新型車が登場した月は月販販売計画台数を上回ることは多いものの、10倍という数はかなり多い数字だからその人気ぶりがよくわかるだろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その約1万2000台のグレード内訳は、最上級グレードの「L Package」が42%、装備を充実させた「PROACTIVE」が52%となっており、ベースグレードである「XD」は6%にとどまっている。これも、発売と同時に注文を入れるほど熱心なユーザーは上級グレードを選ぶ率が高いため、ある程度納得できる数値となるが、「L Package」と「XD」の価格差はなんと76万1400円もある(同じ駆動方式で比較)。はたしてそれだけの価値があるのか、実際に買うつもりでグレードを吟味してみたいと思う。

エンジン、ミッションは1種類だけ!

新車のグレードを選ぶ際に迷いがちなエンジンや変速機。幸いにも(?)CX-8は1種類だけの組み合わせとなる。最大トルク450N・m(45.9kgf・m)を誇るSKYACTIV-D 2.2エンジンはマツダのラインナップの中でも最強のトルクを誇るもので、2トン近い巨体を持つCX-8を軽々と加速させてくれる。それでいて燃費性能も17.6km/L(JC08モード燃費・2WD車)と良好かつ、軽油ということで、ランニングコストの低さも魅力のひとつだろう。

CX-8に搭載されているSKYACTIV-D 2.2エンジン(写真:マツダ提供)

そしてそれに組み合わされるミッションは、SKYACTIV-DRIVEの6速ATのみとなり、ギア比は2WD、4WDともに共通となっている。このSKYACTIV-DRIVEは、DCT、CVT、従来型のATなど、すべてのトランスミッションの利点を集約し、ロックアップ領域を大幅に拡大し伝達効率の向上とマニュアルトランスミッションのようなダイレクト感を実現しつつ燃費向上を果たしたマツダ自慢のATで、MTのようなダイレクト感のある走りが楽しめる渾身のミッション。従来のATやCVTなどで「2ペダルは走りがつまらない」と思っている人はぜひ一度乗ってもらいたい逸品だ。

ということで、エンジンやミッションは1種類しかないため、選ぶ必要がない。駆動方式は2WDと4WDがすべてのグレードで選択できるが、23万2200円の価格差がある(全グレード共通)。駆動方式が変わる以外では、リアフォグランプ、ヘッドランプウォッシャー、大型ウォッシャータンク&ウォッシャー液残量警告灯、フロントワイパーデアイサーが装備される。このアイテムは2WDだとオプションでも選べないため、豪雪地帯のユーザーやウインタースポーツを頻繁に楽しむユーザーであれば、4WDを選択したほうが満足度は高いだろう。特に標準装備のLEDヘッドライトは発熱量が少ないため、ヘッドライトに付着した雪が溶けにくい。そのため、ヘッドランプウォッシャーはかなり重宝するはずだ。

次ページ7人乗りか、6人乗りか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。