マツダ「CX-8」買うならどのグレードが良いか

駆動方式や乗車人数も選べる3列シートSUV

そもそも標準で装備が充実しているCX-8だけにメーカーオプションの選択肢はそれほど多くない。その中でも選択しておきたいのは、3万2400円で選択できるCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナーだろう。これを選択しないとAM/FMラジオとUSBかBluetoothで外部プレーヤーをつなぐしか音楽を楽しむ方法がないのである。また、ディーラーオプションではあるが、ナビゲーション用のSDカード(4万8600円)も選択しておきたい。マツダ純正ナビであるマツダコネクトは賛否あるが、5万弱で装着できるナビと思えば十分満足できる内容だと私個人は考えている。

CX-8は全長4900×全幅1840×全高1730mmと車体が大きいため、不慣れなユーザーには前後左右の4つのカメラで死角を映し出す360°ビューモニター+フロントパーキングセンサーのセットオプション(4万3200円)をオススメしたい。BOSEサウンドシステム+10スピーカー(8万1000円)やルーフレール+パワーリフトゲート+リアドアウインドーサンシェード(11万8800円 L Packageは標準装備)などは高額なオプションのため、必要かどうかを見極めて選択したいところだ。

私が買うならこのグレード!

私が個人的にCX-8を購入するなら、ということでシミュレーションしてみたい。XD PROACTIVEの2WD、6人乗りにCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー、ナビゲーション用SDカード、フロアマットにETC程度のオプションを選択したい。

ボディカラーはソウルレッドプレミアムメタリック(+7万5600円)やマシーングレープレミアムメタリック(+5万4000円)は余分な費用がかかってしまうため、落ち着いた色合いのチタニウムフラッシュマイカを選ぶことにしたい。CX-8に限らず最近のマツダのボディカラーはソウルレッドを除くとダーク系が多いので、もう少しバリエーションを増やして選ぶ楽しみを増やしていただきたいところである。

ボディカラーはダーク系が多い(写真:マツダ提供)

なお、CX-8は全グレードで現状ではエコカー減税対象車となり、自動車重量税や自動車取得税が免税となる。そのため、上記の組み合わせでも支払い総額は380万円程度になる。これが高いか安いかは主観的には言えないが、このクラスのSUVとしては買い得に感じるユーザーが少なくないのだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。