ホンダがそれでもレジェンドにこだわる理由

旗艦の役割は重要だがブランド確立は課題だ

ホンダのフラッグシップ「レジェンド」が新型に生まれ変わった(記者撮影)

アクセルを踏みこめばダイレクトすぎるほど思いのままに加速し、ブレーキを踏めばどの速度域からもスムーズにあまり不安を感じさせずに止まってくれる。

「レジェンド」が大幅なマイナーチェンジを行った

3月18日、ホンダが千葉県木更津市の「かずさアカデミアパーク」を起点に開いた新型「レジェンド」の公道試乗会に参加した。レジェンドはホンダのフラッグシップセダン。2015年2月から展開する現行5代目が、今年2月9日に大幅なマイナーチェンジ(一部改良)を施した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

内外装のデザインを一新するとともに、ハンドリング性能や乗り心地を向上。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」に渋滞運転支援機能をホンダ車として初めて搭載した。

「運転する楽しさは、他のどのメーカーにも負けない」。レジェンドの開発を担当した本田技術研究所の青木仁・四輪R&DセンターLPL 主任研究員は言う。

3モーターと排気量3.5リッターのV6エンジンなどの組み合わせによって、四輪の駆動力を自在に制御する「SPORT HYBRID SH-AWD」を積むレジェンドのシステムは、最高出力382馬力とハイパワーなスポーツカー並みの動力性能を誇り、ハンドリング性能も高い。複数のモータージャーナリスト仲間に聞いても、その走行性能への評価は高い。

実際に運転してみると、確かに快適。それは加速のスムーズさやハンドリング性能だけにとどまらない。このクルマのポテンシャルをいちばんに感じるのはブレーキング精度だ。どんな速度域からもちゃんと止まれるという安心感を、本能レベルで体感することができた。

それは、オーバースピードでのコーナー進入時にも有効で、ドライバーの意思を尊重した自然な形で4輪を制御し、安全なラインに導いてくれる。一方で、アクセルを思い切って踏み込むと、強烈な加速をみせる。高速域における安心感も高く高速道路のクルージングは楽々だ。

次ページ今回のマイナーチェンジの主な変更点は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT