復活「CR-V」にも3列シートが設定される理由

ホンダのクロスオーバーSUV、18年内に発売

「CR-V」に初めて3列シート仕様が設定される(写真:ホンダ提供)

一度は日本での販売をやめたホンダ「CR-V」の復活が近づいている。

CR-Vといえば、トヨタ自動車「RAV4」とともに1990年代のRV(多目的車)ブームに乗って登場した国産クロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)の草分け的存在といっていい。

RAV4がデビューした翌年となる1995年に初代CR-V(~2001年)が発売。悪路走行を主眼においたラダーフレームと呼ばれる構造の従来型SUVのように武骨なスタイルではなく、乗用車をベースに腰高としたスタイリッシュなデザインや乗用車感覚で乗りこなせる走行性能、居住性能の高さなどが評価され、ヒットした。1990年代後半から2000年代前半には街中でその姿をよく見かけたものだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ただ、2代目(2001~2006年)、3代目(2006~2011年)、4代目(2011~2016年)とモデルチェンジを重ねる中で、アメリカ市場をはじめとして海外向けにボディサイズを大型化した影響などもあって、CR-Vは以前ほどの人気はなくなった。

たとえば、2011年11月に発売された4代目CR-Vは翌年の2012年こそ1万2139台を売ったものの、通年で売った最後の2015年の販売台数は837台にとどまった。日本自動車販売協会連合会(自販連)の2015年乗用車(軽自動車除く)ブランド通称名別新車販売ランキング上位50車種を振り返ると、同じホンダの「ヴェゼル」(9位)、トヨタ「ハリアー」(13位)、日産自動車「エクストレイル」(14位)、マツダ「CX-5」(29位)などといったクロスオーバーSUVの姿が見られたのに、CR-Vはランク圏外。日本では2016年8月にいったん販売を打ち切っていた。

「CR-V」が日本で復活

そのCR-Vが日本で再び販売される。ホンダはアメリカでの2016年10月発売を起点にタイ、インドネシア、中国など海外で販売している5代目CR-Vに当たるモデルを、日本向けにアレンジして今年中にも発売する。すでに海外のモーターショーなどで出品されている5代目CR-Vを写真や映像で見た読者もいるだろう。

近年、日本に限らず、世界中で自動車メーカーが力を入れているのがクロスオーバーSUV。今年2月にはあのランボルギーニが「ウルス」と呼ぶ超高性能なクロスオーバーSUVを日本に導入した。

次ページ3列シートSUVの需要
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。