スバル「新型フォレスター」大胆変身の全貌

5代目はボディ拡大、ターボ廃して扱いやすく

ニューヨーク国際オートショーで世界初公開された新型「フォレスター」(筆者撮影)

世界中で盛り上がっているSUVブームはまだまだ続くだろう。それを実感したのが、現地時間3月28日に米国ニューヨークで開幕したニューヨーク国際オートショー2018だった(一般公開は30日から)。世界初公開の車種の多くがSUVだったからだ。その中でもトヨタ自動車の「RAV4」とともに注目を集めていたのが、世界初公開された第5世代となるSUBARUのSUV「フォレスター」だった。

意外に思う人がいるかもしれないが、フォレスターはスバル車でもっとも売れている車種である。米国でも例外ではなく、昨年は17.5万台を販売して、「レガシィ・アウトバック」とともにベストセラー車種になった。

白い車体の展示車両は新グレードの「スポーツ」(筆者撮影)

それだけにブースの作りも凝っており、過去4世代のフォレスターを並べ、5代目フォレスターお披露目の瞬間は一段高い場所に置かれた赤い車体がアンベールされたあと、下から白い車両が自走で現れるという凝った演出だった。

デザインは「ダイナミック×ソリッド」を反映

第一印象は正常進化、つまり旧型とあまり変わらないという印象だった。実車を披露する前のプレゼンテーションで、クラシックプロポーションという言葉を使ったとおりだった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかしよく見ると、最新の「インプレッサ」や「XV」に使われた新世代SUBARUのデザインフィロソフィー「ダイナミック×ソリッド」を反映していることが分かる。具体的には前後のフェンダーが強調され、サイドウィンドウも動きを感じるグラフィックになり、リヤコンビランプはワイドになった。

商品企画本部でプロジェクトゼネラルマネージャーを務めた布目智之氏によると、特に米国ではフォレスターの平均年齢層は高く、ユーザーの若返りを図るためもあり、デザインにはかなり力を入れたそうだ。

新型フォレスターの内装(筆者撮影)

今回、公開された車両のうち白いボディは、「スポーツ」という新しいグレードである。スポーツといっても山道を攻めるような性格ではなく、アウトドアスポーツを楽しむパートナーとして設定された車種で、オレンジのアクセントが目立つ。こちらもまたアクティブなユーザーに乗ってほしいというメッセージだった。

次ページボディサイズは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。