三菱「エクリプス クロス」の侮れない実力

走りはあのランエボ譲り、クーペルックのSUV

三菱自動車の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」(撮影:尾形文繁)

長期ティザーを経て正式発売がスタート

三菱自動車の新型クロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)「エクリプス クロス」。昨年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開後、約1年にわたる長期ティザーを経て日本で今年3月1日から正式発売がスタートした。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

昨年12月下旬から受付を開始した予約注文は、今年2月末までに約5000台に達した。国内での月販目標1000台に対して、好調なスタートを切ったといえるだろう。また、三菱販売店への来場者や問い合わせも以前より確実に増えており、販売現場も活気にあふれているそうだ。

現在、三菱は経営再建のために得意のSUVに絞った車種展開となっている。現在、SUV市場は全世界の乗用車需要の25%を超えているとされ、単に走破性やユーティリティだけではなく、スタイリッシュさや上級感なども求められるようになってきている。

三菱のクロスオーバーSUVシリーズは「RVR」(海外向けは「ASX」)と「アウトランダー/アウトランダーPHEV」がラインナップされているが、エクリプス クロスは単にこの間の隙間を埋めるモデルとは異なる。

昨今、クロスオーバーSUV市場は激戦区で、多様化するニーズに合わせてさまざまなモデルが用意されている。その中でもSUVの走行性能とスタイリッシュなクーペを融合させたモデルが人気となっている。日本車でいえば、2017年のSUV販売ナンバーワンとなったトヨタ自動車「C-HR」。エクリプス クロスはそのジャンルに属するモデルだ。

「エクリプス」といえば1989~2012年まで北米市場を中心に発売されたスペシャリティクーペを思い出すクルマ好きや三菱ファンがいるだろう。今回その名が受け継がれたのは、このクルマがズバリ「SUVのスペシャリティクーペ」を目指したからに他ならない。

次ページ車名は新規や英数字も検討したが…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。