日産が「EVレース」に本気で挑み始めた事情

フォーミュラEに参戦を決めた意義

今年3月のジュネーブショーに出展された日産のフォーミュラEマシン(写真:日産自動車ニュースルーム)

電動化時代は確実にやってくる

フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル不正問題以降、欧州の自動車メーカーは一気に電動化へ舵を切り始めた。中国でも政府主導でEV(電気自動車)の普及が進められており、先日開催された北京モーターショーでは東京モーターショーの比ではない数のEV/PHV(プラグインハイブリッド車)/FCV(燃料電池車)がお披露目された。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そう、遠かれ近かれ電動化時代は確実にやってくる。

このような話をすると、「そう簡単に電動化できるわけがない」と反論する人もいると思うが、そもそも日本は最も早いタイミングでハイブリッド市販車(=電動化)を当たり前にした国であること、そして8年前の2010年に日産自動車が世界初の量産型EV「リーフ」を市販化し、これまで30万台以上を発売してきたことを忘れてはならない。

一般的に「電動化=環境対応/節約」とクルマ好き世代にとってはネガな部分ばかりが目立ってしまうが、本当は「電動化=楽しさ/面白さ」がある。動力源のモーターはエンジンなどの内燃機関と違って応答遅れが皆無で、アクセルを踏んだと同時に加速が始まる。

また、モーターは流した電気の量に比例して駆動力を発生するため、ゼロ発進時の加速の力強さは大排気量エンジン車並み。さらに言えば変速機が必要ないので変速のタイムラグやショックとも無縁……と、内燃機関で実現させることが難しいことを簡単に実現できるのだ。

もちろん、航続距離や充電インフラの問題はあるが、日産の2代目「リーフ」は内燃機関と同等とは言えないものの、一般的な使い方なら実用に困らないレベルまで来ている。

次ページモータースポーツの世界も電動化がトレンドに
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT