トヨタが仕込むスーパースポーツカーの凄み

コンセプトカー倒れで終わらせず市販を計画

GRスーパースポーツコンセプト(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

「GR」を立ち上げてから半年が経過した

トヨタ自動車が新スポーツカーブランドとして「GR」を立ち上げてから半年が経過した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

GRは、スポーツカーの「86」はもちろん、ハッチバックコンパクトカー「ヴィッツ」、セダン「マークX」、ミニバン「ヴォクシー/ノア」、SUV(スポーツ多目的車)「ハリアー」、そして電動化モデルの「プリウスPHV」「アクア」といったさまざまなカテゴリーに「スポーツコンバージョンモデル」として設定されている。

どれもトヨタの中では少量モデルであるものの、日本メーカーのスポーツコンバージョンモデルとしては群を抜く台数だ。

もちろんこの先の計画も存在する。GRカンパニーの友山茂樹プレジデントは昨年9月に開かれたGRの発表会の席で「次の段階ではスポーツカー専用プラットフォームを手に入れる。そして最終的に世界に通用するピュアスポーツカーを世に出しラインナップを完成させたい」と語っていた。

実はこの時に友山氏が語っていた「スポーツカー専用プラットフォーム」こそが、今年のジュネーブショーでお披露目された「GRスープラレーシングコンセプト」の市販バージョン(=次期スープラ)であり、「世界に通用するピュアスポーツカー」が東京オートサロンでお披露目された「GRスーパースポーツコンセプト」なのである。

このGRスーパースポーツコンセプト、実際に車両を見た人の中には、「こんなの本当にナンバー付きで売れるのか?」と言った声も聞かれたが、友山氏は「声を大にして言いますが、このクルマは本当に売ります」と断言する。その証拠に富士スピードウェイを走るテスト車両の走行シーンとともにメカニズムが搭載されたベアシャシーも展示された。

次ページトヨタのモータースポーツの3本柱は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。