トヨタ「86」とスバル「BRZ」が似て非なる理由

生まれ持った性格の違いと互いの歩み寄り

大幅な改良が施されたトヨタ「86」(上)とスバル「BRZ」(写真はトヨタ自動車、富士重工業提供)

「86」と「BRZ」がこの夏、大変更を行った

この夏、車体の基本設計を維持しつつも大胆に部分改良した「86」と「BRZ」。トヨタ自動車とスバル(富士重工業)が共同開発し、それぞれのブランドで販売しているスポーツカーだ。

2012年春の登場から4年あまり。いずれも毎年のように小幅な改良によってアップデートしてきたうえでの大変更となった。今回はエンジン出力やボディ剛性、操縦安定性、乗り心地の向上のほか、内外装の見直し、新装備の採用などを施した(86は「マイナーチェンジ」、BRZは「大幅改良」と表現しているため、本稿では「大変更」と表記する)。

そんな2車種の最新モデルを乗り比べてみてまず感じたのは、4年前の登場時にはまったく違った両車の乗り味がお互い歩み寄り、ここへきてかなり似てきたということだ。

あまりクルマに詳しくない人の中には、86とBRZがトヨタの兄弟車によくある「販売店ごとのブランドをつくるために、内外装を少し変えているだけで乗り味はほぼ同じ車」だと誤解している人もいるかもしれない。実際は違う。

そもそも生まれた背景からして興味深い。トヨタは1999年に「MR-S」を投入(2007年に販売終了)以後、新型スポーツカーの開発を控えていた。一方、スバルはこれまで手がけたことのないFR(後輪駆動)のライトウエイトスポーツに挑戦したいという思いがあった。その両社の思惑が一致して、共同開発されたのが86とBRZだ。

クルマ好きには有名な話だが、86は、トヨタが1983~87年に販売していた「カローラ/スプリンター」のスポーツモデル「レビン/トレノ」の車両型式番号「AE86」を車名の由来としている。AE86は小型・軽量かつFRという希少性に加え、人気漫画にも登場したことで、絶版後も息の長い人気を保っている。その小型・軽量・FRの特徴を、現代へよみがえらせたのが86である。

一方、BRZの車名の由来は、「ボクサーエンジン(Boxer Engine)」、「後輪駆動(Rear wheel drive)、「究極(Zenith)」の頭文字を組み合わせたものだ。

次ページ当初のハンドリングは両極端だった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT