トヨタがスポーツカーに注力する新たな事情

「86(ハチロク)」を改良、レースの経験を反映

2016年8月1日にマイナーチェンジするトヨタの小型スポーツカー「86(ハチロク)」

日本でスポーツカーを"文化"にできるのか――。

トヨタ自動車は「86(ハチロク)」をマイナーチェンジし、8月1日に発売する。86は富士重工業(スバル)と共同開発し、2012年から販売している小型スポーツカー。トヨタは86、スバルは「BRZ」のブランド名で展開してきた。5年目を迎えた今回が初めてのマイナーチェンジとなる。

トヨタは過酷なことで知られるニュルブルクリンク24時間耐久レースなどに86で積極参戦してきた。「そうしたレースから得られた技術によって86の走りを深化させた」と86の多田哲哉チーフエンジニア(CE)は胸を張る。

国内で年間約1万台を販売

後期型(トヨタでは今回のマイナーチェンジを機に、既存モデルを前期型と呼んで区別している)では、エンジン、吸・排気系部品の改良やボディ剛性の強化、車体外観の細かな改善を通じた空力性能向上などにより、セールスポイントである走りを高めた。

発売から丸4年、86は国内で累計約5万2000台販売されている。初年度は2万台超、昨年も6000台を販売し、このたぐいのスポーツカーとしては上出来だ。海外でも、米国を中心にオーストラリアと欧州で約11万台販売。BRZとの合計では全世界で20万台を越え、「アフターパーツ市場が成り立つと言われる10万台を大きく越えた」と多田CEは胸を張る。

振り返ると、トヨタは「スポーツ800」(1965~1969年)、「2000GT」(1967~1970年)、86のモデルとなった「AE86(カローラレビン/スプリンタートレノ)」(1983~1987年)など、小型のスポーツカーをラインナップしていた時代があった。しかし、「MR-S」(1999~2007年)を最後にスポーツカーを手掛けることはなくなった。

次ページ好業績の陰で深い苦悩
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。