トヨタがスポーツカーに注力する新たな事情

「86(ハチロク)」を改良、レースの経験を反映

トヨタは2010年以降、「G’s(ジーズ)」という名称で、ミニバンの「ノア/ヴォクシー」から「ヴィッツ」といった「アクア」小型車までスポーツ仕様のラインナップを拡大している。

最上位モデルより30~40万円高いが、ボディ剛性を上げたり、スポーツタイヤを装着するなど走行性能を向上させている。乗車人数や積載容量などからスポーツカーは選べないが、運転をより楽しみたいというニーズに応えようとしている。

車のコモデティ化に危機感

近年のトヨタはレースにも力を入れており、得られたノウハウをスポーツカーだけではなく、量販車種にもフィードバックしようとしている(写真は2012年にニュルブルクリンク24時間耐久レースに出場した86)

自動運転やカーシェアリングが普及すると、車はコモディティ化していくと言われている。単なる移動手段としての車しか作れなければ、自動車メーカーが得られる付加価値は激減しかねない。車好きの心を動かす車を生み出していく必要がある。

グループで年間約1000万台を販売するトヨタにとって、台数のことだけを考えれば、わずかな割合でしかない86やG’sに力を入れるのはこうした理由がある。

「スポーツカーは、カルチャーです」

これは、2012年、86が初お目見えした時のキャッチコピーだ。まだ「スポーツカーが文化になった」とは言い切れない状況ではあるが、4年前に比べると着実に前進していることは間違いない。

(写真:記者撮影)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。