「シビックタイプR」がバカ高くなった理由

初代の2倍以上となった車両450万円の価値

5代目シビックタイプR(撮影:梅谷秀司)

ホンダが9月末に日本市場で発売した新型「シビック」。一時期は日本での販売を取りやめていたが復活させ、走りの性能に特化した高性能モデル「タイプR」も同時に発売した。

2015年秋に750台限定で受注を受け付けた(その後、抽選で販売)先代(4代目)シビックタイプRに続く5代目となる。発売から約1カ月後に発表となったその5代目シビックタイプRは約3000台を受注。消費税込みの車両本体価格450万円という高価格帯な車種としては、好調なスタートを切ったと言っていい。

ホンダの「タイプR」といえば、かつては最高峰スポーツカー「NSX」や「インテグラ」(現在は絶版)にも設定された日本を代表するスポーツモデルの証しであり、その血脈が途絶えていたことを惜しむファンも多く、その復活は喜ばしいことにほかならない。

5代目シビックタイプRの性能は

5代目シビックタイプRは、5ドアハッチバックをベースに最高出力320馬力、最大トルク40.8kgf・mに及ぶパワフルな2000cc直噴VTECターボ・エンジンを搭載。6速マニュアル・トランスミッションを組み合わせ、専用設計の足回りを採用、ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムは7分43秒80を標榜する。世界最速のFF(前輪駆動)車が現役車種の地位を取り戻した。

実際に試乗の機会を得た自動車ジャーナリストたちの評判はすこぶるいい(撮影:梅谷秀司)

最高速270km/hという世界で求められる空力性能に配慮したと思しき、ちょっと風変わりなスタイリングに対する評価はともかくとして、実際に試乗の機会を得た自動車ジャーナリストたちの評判はすこぶるいい。

しかし、消費者目線で語るとき、諸費用込みで500万円弱という価格はどうにかならないのか、というのが議論を呼んでいる点だ。ホンダのホームページでセルフ見積もりしてみたところ、オプションをまったく装着しない見積価格は約475万円だった。「シビックは若者のためのスポーツカーであるべきなのではないか」と。

次ページかつて「シビックタイプR」は…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT