スバル次期「レヴォーグ」の確かな手がかり

ショー出展モデルで示したコンセプトの意味

ジュネーブモーターショーに出展されたスバル「ヴィジヴ・ツアラーコンセプト」(筆者撮影)

スバルがアメリカ市場に参入して今年で50周年を迎える。1958年から2008年までは緩やかな微増で10万台前半だったが、2008年を境に急成長。2017年の販売台数は64万7000台とその勢いは止まる気配がない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんなアメリカ市場を牽引しているモデルといえば、「フォレスター」や「レガシィアウトバック」といったクロスオーバーSUVたちである。シリーズの末っ子となる「XV」はもともとインプレッサの販売が伸び悩む欧州/中国からのリクエストで開発されたモデルだが、ふたを開けると世界的に大ヒット、今やベースのインプレッサを超える販売台数を誇る基幹モデルへと成長している。さらに待望の3列シートSUVである「アセント」(北米専売)の登場により、スバル離れを阻止する包囲網が完成した。

スバルのスポーツ系モデルの未来はどうなる?

その一方で、これまでスバルブランドを押し上げてきたスポーツ系モデルはというと、2014年に登場の「レヴォーグ」はレガシィに代わる日本向けの新スポーツツアラーとして登場した。

2017年に大幅改良が行われ、スバル最先端の「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載したものの、基本となる土台は3代目インプレッサから採用のSIシャシー進化版のまま。そんなレヴォーグと基本骨格を共用するスポーツセダン「WRXシリーズ」も同じ悩みを抱える。

経営陣は「いたずらに台数を追わない」と語っているが、売れる地域、売れるモデル優先……という流れに見えてしまう。スポーツ系モデルの未来はどうなるのだろうか?

次ページセダンボディながら攻めたスタイル
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT