スバル次期「レヴォーグ」の確かな手がかり

ショー出展モデルで示したコンセプトの意味

そのヒントが昨年の東京モーターショーで発表された「ヴィジヴ・パフォーマンスコンセプト」、今年のジュネーブショーで発表された「ヴィジヴ・ツアラーコンセプト」と呼ばれる2台のコンセプトカーだ。ちなみにヴィジヴ(VIZIV)はスバルの未来像を表現するモデルに冠されるネーミングで、「Vision for Innovation(革新のための未来像)」という意味を表す造語だ。

自動車業界では、ヴィジヴ・パフォーマンスコンセプトは次期WRX、ヴィジヴ・ツアラーコンセプトは次期レヴォーグのスタイルを先取りしたモデルとささやかれているが、はたしてそうか。

ヴィジヴ・パフォーマンスコンセプトのエクステリアはアグレッシブなフロント周り、ボンネットのエアスクープ、筋肉質なフェンダーや大胆な形状のホイールアーチ、そしてクーペのようなルーフラインと、セダンボディながら攻めたスタイルが特徴である。

リアから見てもボリューム感のあるデザインに仕上がっている(筆者撮影)

一方、ヴィジヴ・ツアラーコンセプトは全体的なイメージはヴィジヴ・パフォーマンスコンセプトのワゴン版だが、バンパー周りは開口部を抑えたデザイン、ボンネットのエアスクープも控えめ。リアセクションはオリジナルで、延長されたルーフに角度が寝かされたピラー、フェンダーからリアゲートまでギュッと絞られたボリューム感のある造形に仕上げられ、スポーティさとセクシーさを兼ね備えたデザインだ。

クレイモデルで作成したヴィジヴ・ツアラーコンセプト

ちなみに、筆者はどちらのモデルも実際に見ているが、ヴィジヴ・パフォーマンスコンセプトは全体的な雰囲気がパキパキっとしたソリッドで機械的な印象だったが、ヴィジヴ・ツアラーコンセプトは共通する部分は多いものの、どこか柔らかさを感じた。その印象をスバルデザインのキーマン・石井守氏に話すとこう答えてくれた。

次ページ「上質さ」をプラスしたかった
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT