トヨタ「ランクル」が没個性車にならない理由

武骨ながら絶大な信頼と安心が孤高をつくる

ラグジュアリーなワゴンタイプとして進化した「ランドクルーザー200」

デビュー65周年を迎えたランクルが注目を集めている

今年デビュー65周年を迎えた、日本で最も長い歴史を持つクルマが、ここへきてちょっとした注目を集めている。トヨタ自動車「ランドクルーザー」、通称ランクル。四輪駆動(4WD)方式の本格的なSUV(スポーツ多目的車)だ。

ランクルは、1951年に警察予備隊(現・陸上自衛隊)の要請で開発された、「トヨタ ジープBJシリーズ」を原点に持っており、悪路を走るタフさが売りだ。「ランドクルーザー」という名称になったのは、1955年の「20シリーズ」から。現在は、シリーズの頂点に立ち、ラグジュアリーなワゴンタイプとして進化した「ランドクルーザー200」、オンロードの扱いやすさも重視した「ランドクルーザー プラド 150」などのシリーズがある。

そのランクルが2年前の8月、再び動き出した。ディーゼルエンジンの排出ガス規制強化に伴い、2004年を最後に日本での販売を休止していたヘビーデューティ用の「ランドクルーザー70(ナナマル)シリーズ」が、1年間の期間限定で発売された。70が登場して30周年を迎えたことを記念した復活劇だった。1年間としたのは、翌年7月に改定される後面衝突時の安全基準にパスしないからだったそうで、70は予定どおり、2015年6月をもって日本仕様の生産を終了した。

ヘビーデューティ用の「ランドクルーザー70(ナナマル)シリーズ」

ところがランクルの話題はこれで終わらなかった。70の生産が終わる6月に、ライトデューティ用のプラドにクリーンディーゼルエンジンを投入。8月には200がマイナーチェンジし、顔つきを一新した。70の生産終了を申し訳ないと思ったトヨタが、お詫びのしるしとして相次いで改良を実施したかのようだ。

次ページ改良を実施して得た効果
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT