三菱「パジェロ」は本当に終わってしまうのか

次期型開発中止の観測が浮上した背景を探る

「パジェロ」とは、三菱自動車が1982年から製造・販売する大型SUV(写真は現行の4代目)

30~40代以上の読者で「パジェロ」の車名を知らない人は少数派だろう。三菱自動車が1982年から製造・販売する大型SUV(スポーツ多目的車)である。悪路走破性の高い本格的なオフロード4WD(4輪駆動)車として認知され、バブル景気やレジャーブームに後押しされて販売台数を伸ばし、1991年にはトヨタ「カローラ」などを抑え、国内月間販売台数で1位に輝いたこともある。

パジェロの新規開発が中止?!

そのパジェロの新規開発が中止へ――。12月初めに一部で報じられたところによれば、三菱自動車は、2006年から展開する4代目パジェロの次期型に当たる新規モデルについて開発をやめ、今後はエコカーや中型SUVに開発資源を集中するという。この件について、三菱自動車は肯定も否定もしていないが、このような観測報道が出るほど、かつての栄光と今の苦戦は対照的だ。

初代パジェロ。本格的なオフロード走行に力を発揮した

初代パジェロが登場した当時は、苗場スキー場に年間300万人が訪れるなど、スキーブームの真っ只中だった。

当時、人気が高かったTBSのゲームバラエティ番組「東京フレンドパーク」では、番組の最後にゲストがダーツに挑戦するコーナーの豪華商品としてパジェロが用意されたことも有名だ。番組観覧者による「パジェロ! パジェロ!」の大合唱を覚えている人も多いだろう。あの時代、パジェロは確かに主役の1台だった。

次ページ「パリダカ」でも12回の総合優勝をおさめた
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT