自動車メーカーは、なぜSUVに殺到するのか

中国や欧州系メーカーも続々とSUVに参入

マツダがCX-4の世界初披露の場に選んだのは北京モーターショーだった(写真:Zhong Zhehbin/Anadolu Agency/Getty Images)

4月下旬から5月上旬にかけて、中国で開催された北京モーターショー。マツダはこの地を、新型「CX-4」の世界初披露の場に選んだ。現地の若者層をターゲットにしており、世界に先駆けて6月から中国で販売をスタートする。

1000台以上の車が並ぶ北京モーターショーで、各社がこぞって発表したのは新型のSUV(スポーツ多目的車)だった。現地の上海汽車や長城汽車など有力メーカーだけでなく、ホンダは「CDX」や「アヴァンシア」、日産自動車は「T90」といった新型SUVを公開。いずれも年内に中国で販売する計画だ。

中国市場を席巻するSUV

世界最大の自動車市場となった中国では今、SUVの販売も絶好調である。2015年秋に小型車減税が始まったこともあり、小型SUVを中心に販売が伸長。2015年の販売台数は684万台(前年比41%増)に達した。

北京モーターショーで日系各社が相次いでSUVを投入した理由もここにある。かつて、中国のSUV販売は現地系と日系メーカーがシェア約40%ずつで二分していたが、現在は低価格主体の現地系が45%のシェアを持ち、日系のシェアは後退。代わって欧州メーカーが18%まで追い上げてきた。

次ページすでに世界販売の25%がSUVに
人気記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。