自動車メーカーは、なぜSUVに殺到するのか

中国や欧州系メーカーも続々とSUVに参入

マツダがCX-4の世界初披露の場に選んだのは北京モーターショーだった(写真:Zhong Zhehbin/Anadolu Agency/Getty Images)

4月下旬から5月上旬にかけて、中国で開催された北京モーターショー。マツダはこの地を、新型「CX-4」の世界初披露の場に選んだ。現地の若者層をターゲットにしており、世界に先駆けて6月から中国で販売をスタートする。

1000台以上の車が並ぶ北京モーターショーで、各社がこぞって発表したのは新型のSUV(スポーツ多目的車)だった。現地の上海汽車や長城汽車など有力メーカーだけでなく、ホンダは「CDX」や「アヴァンシア」、日産自動車は「T90」といった新型SUVを公開。いずれも年内に中国で販売する計画だ。

中国市場を席巻するSUV

世界最大の自動車市場となった中国では今、SUVの販売も絶好調である。2015年秋に小型車減税が始まったこともあり、小型SUVを中心に販売が伸長。2015年の販売台数は684万台(前年比41%増)に達した。

北京モーターショーで日系各社が相次いでSUVを投入した理由もここにある。かつて、中国のSUV販売は現地系と日系メーカーがシェア約40%ずつで二分していたが、現在は低価格主体の現地系が45%のシェアを持ち、日系のシェアは後退。代わって欧州メーカーが18%まで追い上げてきた。

次ページすでに世界販売の25%がSUVに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。