自動車メーカーは、なぜSUVに殺到するのか

中国や欧州系メーカーも続々とSUVに参入

都市部で利用することを想定し、走破性よりデザイン性やファッション性で魅力を訴求。従来のSUVがはしご状のラダーフレームを採用した頑丈なシャシーを使うのに比べ、クロスオーバータイプは乗用車と同じようにボディとシャシーが一体になったモノコック構造を採用している。

サイズも小型で、より快適な乗り心地を追求したことが消費者に受け入れられ、世界各国で販売を伸ばしている。

国内外のメーカーがSUVに殺到

国内のSUV市場で2年連続トップだったホンダ「ヴェゼル」(撮影:尾形文繁)

ハイブリッドモデルがあり、値頃な小型SUVは国内でも人気が高い。ホンダが2013年12月に発売したヴェゼルは、2年連続で国内SUVセグメントの新車販売で首位を獲得。

トヨタも「プリウス」ベースのクロスオーバーSUV「CH-R」を年内にも発売する見通しだ。

SUVのラインナップを増やしているのは海外の高級車メーカーも同じだ。メルセデス・ベンツやBMW、アウディはもちろん、マセラティは今年になって初のSUV「レヴァンテ」を投入。ベントレーやロールスロイスもクロスオーバーSUVの投入を予定している。

ポルシェは新型SUV「マカン」と「カイエン」が好調で、VWグループが排ガス不正問題に揺れる中、2015年の販売台数は22万台(前年比19%増)と、過去最高を記録した。

ただ、懸念材料もある。セダンやハッチバックに比べて、SUVは燃費性能でやや劣っている。現状の原油安がいつまでも続く保証はない。またメーカー各社がこぞってSUVを投入すれば、差別化は難しくなっていく。

次世代のSUV競争を見越せば、クロスオーバーを投入すれば勝てる時代は終わりに近づいている。IHSオートモーティブの川野義昭アナリストは、「自動ブレーキなどの自動運転技術やプラグインハイブリッドなど、プラスアルファの要素があるかどうかが、差別化を図るカギ」と指摘する。

世界の自動車メーカーが熱狂するSUVブームはいつまで続くのか。

「週刊東洋経済」5月21日号<16日発売>「ニュース最前線03」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT