自動車メーカーは、なぜSUVに殺到するのか

中国や欧州系メーカーも続々とSUVに参入

SUVが注目を集めているのは中国だけではない。IHSオートモーティブによると、2015年、世界の自動車販売8800万台のうち、SUVの占める販売比率は25%に達している。

市場規模はここ10年で約3倍に拡大しており、2023年には3000万台を超える見込みだ。

リーマンショックで採算重視に転換

自動車業界では一般的に、車の企画から開発、量産、市販化まで5年程度かかるとされる。現在、多数投入されているSUVは、2010年ごろに開発が始まった計算になる。背景にあるのが2008年秋のリーマンショックだ。

米国市場は2007年をピークに需要が激減し、2009年には前年比21%減という記録的な落ち込みを記録した。先進国で需要が縮小したことにより、日米欧の自動車メーカーは大幅な減産やリストラに追い込まれた。

そこで各メーカーは台数を増やすよりも、1台当たりの収益を引き上げる方向に転換した。その一つが、セダンやハッチバックよりも利幅が大きい、SUVの開発に注力することだった。

スバルのクロスオーバーSUV「XV」はインプレッサの派生車だ(撮影:鈴木紳平)

単純に販売価格だけを比較してみても、ホンダの小型SUV「ヴェゼル」は192万円で、ベースとなる小型車「フィット」の129万円との価格差は歴然だ。

同じく富士重工業では「インプレッサ」が159万円なのに対して、派生車のクロスオーバーSUV「XV」は228万円となっている。メーカーにとっては、販売単価が高いだけでなく、ベースとなる車から展開できるため、開発費を抑えながら車種を増やせるメリットもある。

従来、SUVといえばトヨタ自動車「ランドクルーザー」や三菱自動車「パジェロ」など、悪路に強いイメージの大型4輪駆動車が主流を占めていた。近年増えているのは、クロスオーバーといわれるSUVだ。

次ページマセラティやロールスロイスも参戦
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT