復活「CR-V」にも3列シートが設定される理由

ホンダのクロスオーバーSUV、18年内に発売

トヨタが2016年末に発売した「C-HR」は、2017年の乗用車(軽自動車を除く)ブランド通称名新車販売別ランキングで4位(約11万7300台)という高順位に食い込んだほか、2017年末にマツダが投入した「CX-8」の出足も好調に推移。ホンダも2013年から販売し、2014~2016年に国内SUV販売台数でトップだったヴェゼルを、この冬に一部改良(マイナーチェンジ)し、商品力向上に余念がない。

まさにクロスオーバーSUVブームに沸く中でのCR-V復活となるワケだ。5代目CR-Vには「アコード」や「オデッセイ」などと共通の2モーターと排気量2リッターのガソリンエンジンを組み合わせる「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載するハイブリッドモデルのほかに、排気量1.5リッターのガソリンターボエンジンモデルも用意される。

日本仕様のボディサイズは変更されるかもしれないが、アメリカ仕様は全長4587×全幅1854×全高1676mmとやや幅広いボディサイズだ。まだまったく発表もされていないが、車両本体300万円~400万円前後の価格設定になるのではと記者は予想している。

「3列シート仕様には一定のニーズがある」

そんなCR-Vの日本復活に当たって、興味深いのは1.5リッターターボエンジンモデルには2列シートと3列シートという2種類が用意されることだ(ハイブリッドモデルは2列シートのみ)。実は歴代を振り返ってみてもCR-Vに3列シートタイプが設定されるのは初めて。おそらく最大乗車人数は7人になるのだろう。

「爆発的に売れるとは思っていませんが、3列シート仕様には一定のニーズがあると見ています」。5代目CR-Vの開発責任者である本田技術研究所の永留高明・四輪R&DセンターLPL 主任研究員は言う。

3列シートといえば、従来はミニバンの領域だったが近年はクロスオーバーSUVにも広がってきている。昨年末、マツダが発売した3列シートSUV「CX-8」は発売1カ月の受注台数が月間販売目標1200台の約10倍に達するなどヒット。トヨタもレクサス「RX」に3列シートロングバージョンの「RX450hL」を昨年末に追加したばかりだ。日産「エクストレイル」や三菱自動車「アウトランダー」などにも3列シート仕様がある。5代目CR-Vもこの流れに乗る。

5代目CR-Vも含めて、3列シートSUVへの乗り換え需要の主力になりそうなのはすでに3列シートのミニバンに乗っているようなユーザーだろう。それも常に多人数乗車するような使い方ではなく、実家に帰省したときに両親を乗せたり、グループで遠出する際に自分の車を出したりするなど、「いざというときに使いたい人」だ。3列シート車といってもカップルや家族4~5人程度で移動するときは、広い荷室を持ったクルマとして使えるからだ。

次ページ箱型の大きなミニバンには抵抗…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT