「RAV4」「RDX」NYで初公開された新型車の姿形

国際オートショー、注目はやはりSUVだった

スバルの新型「フォレスター」をはじめ、主役となったのはSUVだった(筆者撮影)

3月28日から4月8日まで米国・ニューヨークで開かれたニューヨーク国際オートショー。「スバル『新型フォレスター』大胆変身の全貌」(3月29日配信)でも紹介したように、日本車では、SUBARUの新型「フォレスター」のお披露目が話題となったが、ほかにも新型車がいくつか発表された。特に目立ったのはフォレスターに近い車格のSUVだった。

新型「RAV4」は、躍動感より安定感

新型フォレスターと並びショーの主役格と認識されていたのが、フォレスターのライバルにもなるトヨタ自動車の新型「RAV4」だ。RAV4は初代から3代目までわが国でも販売していたが、米国をはじめとする海外市場の要望に沿って大型化した結果、4代目は日本市場から撤退している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかしグローバルでは2017年に80万台を超える販売台数を達成している。特に米国では人気で、2017年は過去最多の約41万台を記録し、米国で最も売れているSUVになるとともに、「カムリ」を上回って最も売れているトヨタ車になった。

なので5代目となる新型はキープコンセプトでいくのかと思いきや、デザインはかなり違っていた。

ニューヨークの路上でも頻繁に見かける4代目RAV4は、日本で人気を博している「C-HR」に似たフロントマスクに3代目に近いキャビンを組み合わせたような姿だった。一方の新型5代目RAV4はフロントマスクもフェンダーもキャビンも台形モチーフが目立ち、躍動感より安定感を強調した印象。インテリアも水平基調の落ち着いたものだった。C-HRとの棲み分けを考えたのかもしれない。

トヨタ「RAV4」は台形基調のフォルムに一新した(筆者撮影)

技術面ではTNGAプラットフォームやパワートレインの採用がポイントで、ガソリン車は2.5L直列4気筒直噴エンジンに8速AT、ハイブリッド車は同じ2.5L直列4気筒にモーターを組み合わせた。ガソリン車の4WDにはトルクベクタリングを採用。ハイブリッド車の4WDはモーター駆動となる後輪の最大トルクを1.3倍に増強したという。

次ページこれ以外の世界初公開車種は
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。