トヨタ「RAV4」、2019年日本復活モデルの全貌

NYで披露された新型SUVは走りがスゴそう

日本でも復活する見込みの5代目「RAV4」(筆者撮影)

1900年に始まり100年以上の歴史を誇るニューヨーク国際自動車ショーは、イースター休みに合わせて開催される。磔にされたキリストの「復活」を祝うこの行事は、春分の後の満月の次の日曜日と定められている。このため、NYショーは2017年が4月だったのに2018年は3月開催と、毎年日程が移動する、自動車メーカーにも取材陣にも厄介なイベントである。今年は3月28日から4月8日まで(現地時間)開かれた。

トヨタ自動車は例年NYショーには力を入れていて、自社ブースとは別の巨大なホールでプレスデーの朝いちに数百人のマスコミを集めて会見を行う。大手自動車メーカーは一つのモーターショーの開催に4億~6億円程度の予算をかけると自動車業界では言われているが、この会見のためにトヨタはさらに数千万円は上乗せをしていたのではないかと思わせた。

5代目となる新型「RAV4」

そんな凝った造りのステージに登場したのが、5代目となる新型「RAV4」だった。前年11月のLAオートショーで発表された「FT-ACコンセプト」に非常に近いスタイリングのクロスオーバーSUV(スポーツ多目的車)だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

RAV4は現在、日本では販売されていないが、米国ではトヨタのベストセラー。販売台数は拡大を続け、2017年はとうとう40万台を超えた。そう、今やトヨタのベストセラーカーは「カムリ」でも「カローラ」でもなく、RAV4なのだ。ホンダのベストセラーが「アコード」でも「シビック」でもなく、クロスオーバーSUVの「CR-V」なのと相似形だ。

そして5代目となる新型RAV4は日本でも2019年春頃に発売されるらしい。面白いことにホンダもコンパクトSUVの「ヴェゼル」投入後、「CR-V」の国内販売を打ち切ったが、5代目に当たるCR-Vを今年中にも日本でも復活する見通しだ。米国のみならず、世界中で高まっているSUVブームが日本にも押し寄せていることを示している。

次ページ新型は男性的でワイルドな顔つき
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT