スバル水平対向エンジンの音が変わった理由

独特のボクサーサウンドは聞けなくなるのか

「レガシィ」2003年モデルに搭載されていた2.0L水平対向4気筒 DOHC16バルブデュアルAVCS ツインスクロールターボエンジン(写真:スバル グローバルメディアサイト)

水平対向4気筒エンジンを搭載している

「レガシィ」「インプレッサ」「フォレスター」――。SUBARU(スバル)の乗用車は、軽自動車を除いて初代のスバル1000以来、水平対向4気筒エンジンを搭載している(アルシオーネなど一時期には6気筒エンジンもあったが、現在はない)。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そのエンジン排気音を正確に文字化するのはちょっと難しいが、筆者のイメージでは「ボロロロッ」とか、「ボロボロボロ~」というように、他の直列4気筒エンジンの「ブルルンッ」とか「ブォ~」、「バリバリバリ」とは違った独特な音色をしていた。やや低めの音色そのものもそうだが、排気音の連続性がなく、節目のあるとぎれとぎれの音に聞こえてくるのが、ボクサーエンジンともよばれる水平対向エンジンを積むスバル車の特徴だった。

水平対向エンジンの例として、ほかに現存するのはドイツのポルシェであり、その起源をたどるとフォルクスワーゲンの初代市販車となるタイプ1(通称ビートル)も、水平対向エンジンを搭載していた。

スバル車愛好家をスバリストと呼んだりするが、彼らがスバル車を愛する理由の1つに、このボクサーサウンドとも呼ばれる独特な排気音があったのも事実だ。だが、近年ではそうした独特の排気音をほとんど意識させないようになっている。

スバル1000の時代から、同じ水平対向4気筒エンジンを採用しているのに、なぜ排気音が変わってきたのか? 答えは、ガソリン燃焼後の排気のさせ方が変わったからである。

次ページスバルの起源
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。