「カローラスポーツ」買うならどのグレードか

HVとターボなど数多い選択肢から探る

一方のターボモデルに関してもやはりライバルは同メーカーで同じパワートレインを持つC-HRとなるだろう。エンジンの出力に差はないが、60~90kg軽い車重と、10速となったスポーツシーケンシャルシフトマチック(C-HRは7速)がより楽しいドライビングを予感させてくれる。また価格面でも、カローラスポーツが約228万円(2WD Gグレード)に対してC-HRは約235万円(2WD S-T LEDパッケージ)と、買い得感が高くなるため、個人的にはターボモデルを推したいところだ。

グレードは?

次にグレード。現状はパワートレインごとに3つのグレードが用意され、「G」をベースに、上級グレードの「G”Z”」と、装備を省いた「G”X”」となる。GとG”X”の価格差は11万8800円(ハイブリッドは10万8000円)、GとG”Z”の価格差は16万2000円となっている。

G(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

グレード間の機能的な差異は前述したAVSが、G”Z”にオプション設定される以外はほぼ共通。つまり、ほとんどが内外装の加飾で差が付けられているということになる。

G”X”(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

いちばん安価なG”X”は外観のメッキパーツが廃され、ほとんどが艶なしブラックになる。さらに足元も15インチスチールホイールに樹脂フルキャップとなり、かなり質素な雰囲気。内装もインサイドドアハンドルまでブラックとなり、ステアリングやシフトノブもウレタンとなってしまう。本革ステアリングがメーカーオプションで選べるが、そうなると価格差のうま味が減ってしまう。そのため、G”X”はとにかく安価にカローラスポーツが欲しいという人以外にはオススメしにくいところだ。

G”Z”(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

一方、上級グレードとなるG”Z”は、メッキ加飾がフル装備となるほか、スポーティグレードという側面も持ち合わせているのか、カローラとしてはかなり大径となる18インチアルミホイールやスポーツシートが標準となる。また、スピードメーターもセンターに7.0インチTFTカラー液晶画面を配してアナログ/デジタルの切り替えを可能にしており、より先進性もアピールするグレードとなっている(さらにオプションでHUDも設定される)。

さらに17万5500円のプラスでシートがセンシャルレッドカラーの本革+ウルトラスエードの仕様に変更できるが、いい加減「スポーツ=赤」という安易な考えはいかがなものかと思ってしまう。

センシャルレッド(写真:トヨタグローバルニュースルーム)
次ページGは、まさに中間といった装い
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT