新型「WRX」この形とサイズが必然であった理由

北米でウケる安心と愉しさの“ちょうどよさ"

新型「WRX S4」の価格(税込み)は400万4000円~477万4000円(写真:SUBARU)
この記事の画像を見る(9枚)

スバルから新型「WRX S4」が登場した。WRXはスバルのスポーティ志向のセダンで、「インプレッサWRX」として初代が誕生したのは、1992年のこと。当時、世界ラリー選手権(WRC)に参戦していたスバルが、そのベース車とする目的もあって誕生した。

初代インプレッサWRXの誕生から30年を目前とした2021年に第5世代となる「WRX S4」が姿を現したのだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ちなみにWRXの最強モデルは「WRX STI」で、WRX S4がトランスミッションにCVTを使っているのに対し、MT(マニュアルトランスミッション)を持つのがWRX S4との大きな違いだ。

WRX S4の名称にあるS4とは、以下の4つのSを意味する。

●スポーツ・パフォーマンス(Sports performance)
●セーフティ・パフォーマンス(Safety performance)
●スマート・ドライビング(Smart driving)
●ソフィスティケイテッド・フィール(Sophisticated feel)

2.0L→2.4Lへと排気量をアップ

新しいWRX S4最大のトピックは、エンジンにある。水平対向4気筒ガソリンターボというスタイルはそのままに、排気量を従来の2.0リッターから2.4リッターに拡大した。

最高出力は300馬力から275馬力へ、最大トルクは400Nmから375Nmへと数値的にはダウンしたが、より低回転域から大きなトルクが出るようになり、中間速度での加速力がアップ。リアルな走りでは、よりコントローラブルで速くなっているという。

また、ボディやシャシー、CVT制御、走行中の姿勢電子制御などもしっかりと進化しており、「AWDパフォーマンスカーとしての究極の一体感」が味わえるようになったという。燃費性能も旧型の11.8km/Lから12.7km/L(JC08モード)へと向上した。

しかし、ここで気になるのが、「環境問題を憂う」世間様との関係だ。

グレードは「GT」と「STI Sport R」があり、それぞれに「アイサイトX」搭載の「EX」がある(写真:SUBARU)

地球環境を協議したCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)は先だって閉幕したばかり。最近の自動車業界は「EVシフト」の話題で持ち切りである。

当のスバルでさえ、ほんの数週間前に初めてグローバルに展開するBEV「SOLTERRA」を発表している。その直後に、環境問題とは正反対のターボエンジンを搭載するスポーツモデルのWRX S4を発表したのだ。いったい、スバルはどういうつもりなのだろうか?

そこで、新型WRX S4の開発責任者(プロジェクトゼネラルマネージャー)である五島賢氏に、その真意を問いただした。

すると五島氏は「会社全体として、環境対応や電動化の方向に向かっていかないといけない」と断りつつも「WRXをやめるという選択肢はまったくなかった」と言う。

次ページアメリカでは「スバル=小型車メーカー」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT