新型「WRX」この形とサイズが必然であった理由 北米でウケる安心と愉しさの“ちょうどよさ"

拡大
縮小
新型「WRX S4」の価格(税込み)は400万4000円~477万4000円(写真:SUBARU)
この記事の画像を見る(9枚)

スバルから新型「WRX S4」が登場した。WRXはスバルのスポーティ志向のセダンで、「インプレッサWRX」として初代が誕生したのは、1992年のこと。当時、世界ラリー選手権(WRC)に参戦していたスバルが、そのベース車とする目的もあって誕生した。

初代インプレッサWRXの誕生から30年を目前とした2021年に第5世代となる「WRX S4」が姿を現したのだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ちなみにWRXの最強モデルは「WRX STI」で、WRX S4がトランスミッションにCVTを使っているのに対し、MT(マニュアルトランスミッション)を持つのがWRX S4との大きな違いだ。

WRX S4の名称にあるS4とは、以下の4つのSを意味する。

●スポーツ・パフォーマンス(Sports performance)
●セーフティ・パフォーマンス(Safety performance)
●スマート・ドライビング(Smart driving)
●ソフィスティケイテッド・フィール(Sophisticated feel)

2.0L→2.4Lへと排気量をアップ

新しいWRX S4最大のトピックは、エンジンにある。水平対向4気筒ガソリンターボというスタイルはそのままに、排気量を従来の2.0リッターから2.4リッターに拡大した。

最高出力は300馬力から275馬力へ、最大トルクは400Nmから375Nmへと数値的にはダウンしたが、より低回転域から大きなトルクが出るようになり、中間速度での加速力がアップ。リアルな走りでは、よりコントローラブルで速くなっているという。

また、ボディやシャシー、CVT制御、走行中の姿勢電子制御などもしっかりと進化しており、「AWDパフォーマンスカーとしての究極の一体感」が味わえるようになったという。燃費性能も旧型の11.8km/Lから12.7km/L(JC08モード)へと向上した。

しかし、ここで気になるのが、「環境問題を憂う」世間様との関係だ。

グレードは「GT」と「STI Sport R」があり、それぞれに「アイサイトX」搭載の「EX」がある(写真:SUBARU)

地球環境を協議したCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)は先だって閉幕したばかり。最近の自動車業界は「EVシフト」の話題で持ち切りである。

当のスバルでさえ、ほんの数週間前に初めてグローバルに展開するBEV「SOLTERRA」を発表している。その直後に、環境問題とは正反対のターボエンジンを搭載するスポーツモデルのWRX S4を発表したのだ。いったい、スバルはどういうつもりなのだろうか?

そこで、新型WRX S4の開発責任者(プロジェクトゼネラルマネージャー)である五島賢氏に、その真意を問いただした。

すると五島氏は「会社全体として、環境対応や電動化の方向に向かっていかないといけない」と断りつつも「WRXをやめるという選択肢はまったくなかった」と言う。

次ページアメリカでは「スバル=小型車メーカー」
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT