「新型BRZ」旧型よりも“落ち着き"を感じる訳 スバルらしさを強めてGR86との違いも明確に

✎ 1〜 ✎ 38 ✎ 39 ✎ 40 ✎ 最新
拡大
縮小
2021年7月29日に発売された新型BRZ。2グレードで価格は308万円~343万2000円(写真:SUBARU)
この記事の画像を見る(51枚)

トヨタとスバルの共同開発スポーツカーとして2012年に発売された「86」と「BRZ」が、モデルチェンジした。

トヨタ版は「GRスープラ」「GRヤリス」に続くスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第3弾として「GR86」となり、BRZともども4月5日に日本仕様を発表。まずは、BRZが7月29日に発売された。

新型の大きな特徴は、スバル伝統の水平対向4気筒エンジンの排気量が、2リッターから2.4リッターに拡大されたことである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

一方、プラットフォームは先代をベースに、現行「インプレッサ」から採用している「SGP:スバルグローバルプラットフォーム」で得たノウハウを投入し、強化を図ったものだ。

そんな経緯もあって、2575mmのホイールベースは先代より5mm長いだけであり、ボディサイズも全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mmと、15mm長く10mm低くなったのみで、ほとんど変わらない。日本の道でもスポーツドライビングを満喫できる外寸を、キープしてきたことになる。

ボディサイズがほぼ同等であれば、スタイリングを大きく変えるのは難しいはずだが、実車を見るとかなり変わった印象を受ける。

より低重心を強調するディテール

写真を目にしてまず感じたのは、前後のフェンダーの盛り上がりが控えめになったこと。特にフロントは、フェンダーアーチの峰をそのまま後ろに流す、スムーズな処理になった。リアも盛り上がりの高さが抑えられ、なで肩気味になっている。

反対に目立つのは、フロントフェンダー後方の縦長のエアアウトレットからドア下のサイドシルスポイラーにつながり、リアフェンダー直前で跳ね上がるキャラクターラインだ。

フェンダー後方の縦型アウトレットからドア下へ走るラインが印象的(写真:SUBARU)

目線が自然に下に行くので安定感が得られるし、GR86/BRZの個性である低重心が強調されている。

先代では、フロントフェンダーの上側にあった横長のルーバー風処理が装飾だったのに対し、新型の縦長のエアアウトレットは穴が開いた本物だ。サイドシルスポイラーともども、ハンドリングを向上させるため、スーパーGTなどのモータースポーツでの経験をフィードバックしたという。

次ページBRZに見られるスバル車の共通モチーフ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT