「スバルの里山」が鴨川市を活性化させる可能性

「絵に描いた餅」で終わらない地域活性へ

新型「レガシィアウトバック」を中心にスバル各車が里山スタジオに集結(筆者撮影)
この記事の画像を見る(11枚)

スバルは2021年8月、千葉県鴨川市の山間部に「SUBARU里山スタジオ」を開設した。この里山スタジオが自動車メーカーとしてこれまでにない試みだとして、自動車業界内で話題となっている。

簡単にSUBAR里山スタジオを紹介しておこう。この施設は、スバル車のフィールドである「大地と空と自然」をメディア関係者に肌で感じてもらうための場である。特徴は、メーカー主導で大規模な開拓をするのではなく、地域の休遊地を活用し、スバル本社広報部と地元住民との“人のつながり”による草の根活動として維持管理を行うことだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

詳しくは、8月に掲載した「スバルが千葉に作った「里山スタジオ」とは何か?」を見ていただきたいが、筆者はこの取材のあと、2021年10月発売の「レガシィアウトバック」撮影会に出向き、さらに草の根運動の当事者意識を持つため、敷地内にある「里山ウォーキング細野元名(ほそのもとな)コース」の整備をしたいと自ら手を挙げた。

草刈り用の機器は、SUBARU里山スタジオにホンダ製4サイクルエンジン刈払機(かりはらいき)の準備もあったが、環境を意識してさまざまな電動機器を体感する観点から、マキタの電動刈払機を個人で購入して現地に持ち込んだ。

7年にわたり放置されてきた里山

ウォーキングコース整備の当日、鴨川市農林業体験交流協会など、地元でさまざまな活動に参加している清水宏さんに道案内をお願いした。ここに嶺岡(みねおか)キャンプ場があったころは、年間数千人のハイカーが訪れていたが、最近ではほぼ使用されておらず、草が生い茂り、2019年の台風15号の影響もあって倒木も目立つ。

里山ウォーキング細野元名コースを整備する筆者(SUBARU関係者撮影)

鴨川市によると、旧嶺岡キャンプ場は2005年に千葉県から鴨川市に移管されたが、利用の大半を占めていた地元の子ども会などが、「鴨川青少年自然の家」や「内裏山県民の森」などほかの施設を使用したことで利用が増えず、2010年に施設として休止した後、2014年に廃止となった。

それから約7年間にわたり、細野地区住民が敷地内の愛宕神社の整備を行う以外は、施設としては放置されてきたという背景がある。

次ページ『シン・エヴァンゲリオン』の参考にもなった風景
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT