「フェラーリのSUV」ついに姿を現したその全貌 現地で聞いた「非常識なSUV」が生まれた理由

✎ 1〜 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26
印刷
A
A
6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載するフェラーリ「プロサングエ」
6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載するフェラーリ「プロサングエ」(写真:Ferrari)

2022年9月13日、イタリアはトスカーナ、ラヤーティコの野外劇場「テアトロ・デル・シレンツィオ」にて、フェラーリはロイヤリティーの高い顧客を集めて「プロサングエ」の発表を行った。

ここは斜塔で有名なピサ県に属し、テノール歌手アンドレア・ボチェッリ生誕の地としても有名。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そんな大自然に囲まれた地で、フェラーリ史上初の4ドア、4座モデルが披露されたのだ。これはフェラーリ創立75周年にふさわしい、業界の一大ニュースであった。

この比較的背の高い4ドアモデルとは、言ってみれば今、もっともポピュラーなカテゴリーのSUV(スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル)である。そのデビューを「そんなに仰々しく語るべきものか」と思われるかもしれない。

故エンツォ・フェラーリのポリシー

ご承知のとおり、ほとんどのスポーツカーメーカーは、すでにSUVをラインナップし、彼らの稼ぎ頭となっている。

ポルシェは「カイエン」の発売により経営危機を脱し、現在では「マカン」とともに販売の主力としているし、フェラーリと同じイタリアのスーパーカーメーカーであるマセラティやランボルギーニも、同様にSUVを稼ぎ頭としている。

しかし、フェラーリには、単にこれまでSUVをラインナップしていなかったメーカーというだけではない、独自の“SUV事情”が存在するのだ。フェラーリにとってSUV(彼らは自らのクルマに決してこの単語を使わないが)は、諸刃の剣のような存在である。

車名の「プロサングエ」はイタリア語で「サラブレッド」する
車名の「プロサングエ」はイタリア語で「サラブレッド」する(写真:Ferrari)

創始者である故エンツォ・フェラーリは、「どのフェラーリもサーキットを縦横無尽に走ることのできるモデルでなければならない」と語っていた。同時に、フェラーリとは「実用性とはほど遠い感性を持った2ドアモデルでなければならない」と主張し続けていたのだ。

彼らにとって、顧客からのニーズはあれども4ドアモデルをラインナップすることは、そう簡単なことではなかった。ましてやより実用性重視のSUVなどは……。

そんな事情があったから、フェラーリは当時、同じFCA(現ステランティス)にあったマセラティを傘下に加え、4ドア版フェラーリの役割を担わせることを考えたくらいだ。そして生まれたのが、フェラーリ「599GTB」の基本構造をベースとして設計された、5代目「クアトロポルテ」である。

次ページ「フェラーリのSUV」はポリシーに反するか?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT