「35歳以上」で転職すべきかを本気で見極めるコツ 突然の部署異動に戸惑う会社員の悩みに回答

拡大
縮小
主人公はキャリアの悩みや不安を抱える34歳の会社員・佐藤さん。転職をするべきではないか、とふと感じた彼に、先生が教えた「転職すべきかどうかを見極める方法」とは? (写真:タカス/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
終身雇用が限界を迎え、会社にいれば自動的にキャリアが形成される時代は終わろうとしています。またコロナ禍によってテレワークが急速に浸透し、働く「時間」と「空間」の縛りも緩められました。
そんな新しい時代、自律的にキャリアを築くことが求められる一方、多くの人は「仕事がつまらない」「ほかの会社や仕事がうらやましい」「昇進ができない」といった悩みを抱えています。
そこで『キャリアの悩みを解決する13のシンプルな方法 キャリア・ワークアウト』では、「プロティアン・キャリア」という最先端のキャリア知見に基づき、悩んでいる状態から一歩踏み出すためのトレーニングを紹介しています。
本稿では同書より一部を抜粋し、キャリアの悩みや不安を抱える34歳の会社員・佐藤さんを主人公としたストーリーを展開しながら、キャリアの行き詰まりや停滞感を解消する方法を紹介します。

 

これまでのストーリー
前々回(第1回):「異動したことがない」34歳会社員に訪れた試練
​前回(第2回):気づけば「組織依存な会社員」全力で脱出するコツ

BPホームズに勤める佐藤は入社してから営業一筋12年。しかし、ある日突然人事部への異動を命じられる。意気消沈していたときに、同期の西村から、環境や社会の変化にも適応し、自分らしいキャリアを築く、「プロティアン・キャリア」へと導く大学教授「先生」を紹介される。

前回は先生からのアドバイスで、「組織依存」をしていたから異動によってキャリアの行き詰まりを感じたことがわかり、その状態から一歩抜け出すことに成功した。ただ、そこでふと感じたのが転職をするべきではないか、という疑問。そこで転職すべきかどうかを見極める方法を教えてもらうことに。

次ページ転職すべき?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT