コロナ禍の存続危機乗り越えた経営者3人の奮闘 売り上げ急減の事態、どう対処してきたのか

✎ 1〜 ✎ 27 ✎ 28 ✎ 29 ✎ 最新
拡大
縮小
コロナ禍で苦難に直面した彼らは、どのようにして苦難を乗り越えてきたのか(写真:Luce/PIXTA)
2020年4月、1回目の緊急事態宣言が発動、街から人が消えた。飲食店をはじめ、さまざまな企業が打撃を受けたのは周知のとおりだ。実際に、新型コロナウイルス関連の倒産(法人および個人事業主含む)を確認すると、全国で3636件と判明している(7月4日時点、帝国データバンク)。さまざまな対策をし、ギリギリのところを何とかもちこたえていた企業も多いだろう。
足元では新型コロナウイルス第7波に見舞われており、再び苦難に直面している企業も少なくないだろう。一方で、苦しい局面を乗り越えて体質が強くなった企業も少なくない。今回は、業種の異なる経営者3名を取材。ホテル業、食品加工業その他(サービス一般)、日本語教育とグローバル共創デザイン、それぞれの2020年から現在まで「コロナ禍」に苦しんだ企業が、「この2年をどう過ごし、現在はどのような状況なのか」を追った。

インバウンドがゼロになって大赤字になったホテル

1人目は、ベッセルホテル開発・代表取締役社長の瀬尾吉郎さん。ベッセルホテル開発は、現在開発中を含め、グループで34軒のホテルを全国に展開。地方の名物など魅力的な朝食サービスやくつろげる客室、好立地で家族連れにも人気のホテルグループだ。

しかしコロナ禍で厳しかった2020年度は、グループで30億円以上の赤字を計上。瀬尾さんは「本気の生き残りをかけて、多くの改革に取り組んだ」という。

「2020年度がいちばんの底でした。売り上げの30%を占めていたインバウンド(訪日外国人客)利用が消滅したんです。2020年度の既存店の売り上げは、2019年度比50%以下に激減し、稼働率も20~30%台のホテルが続出しました。とくに沖縄本島は、現在4つのホテルがあるうち6~7割が海外のお客様だったのが、一気にゼロになりました。本当に厳しい時期でした」

コロナ禍での会社の生き残りは「スタッフ全体で取り組まなければならない」と、瀬尾さんは全従業員に向けて、毎月ビデオレターを作成している。

次ページ窮地を脱するためのアイデアを従業員に募った
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT