できる上司ほど「ダメ出し」が少ない納得の事情 「叱られたくない」という不安な気持ちに寄り添う

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
ダメ出しをしないでうまく指導するには(写真:USSIE/PIXTA)
「叱られたくない」「できない奴だと思われたくない」と、ミスをした自分が受け入れられない若者が少なくありません。仕事ですから、ミスを繰り返されてはいけないので、上司としてはその部下を指導しなくてはなりません。ところが、部下は叱られたくないので、上司の話を受け止めることができません。そのため、なかなかミスがなくならなかったり部下が成長しないといった事態が起きてしまいます。
こうした場合にどうしたらいいのか。『国際エグゼクティブコーチが教える 人、組織が劇的に変わるポジティブフィードバック』の著者で、コロンビア大学、INSEADのMBAを経て、国内外10カ国でキャリアを積んできた、国際エグゼクティブコーチのヴィランティ牧野祝子さんが、ダメ出しすることなく部下を導くコツの中から、とくに効果的な3つを紹介します。

部下をネガティブな気持ちにさせない

コツ① 承認と改善点は8対2の割合で伝える

部下や組織を成長させるには、改善点を指摘し、どうしたらいいかを教えることも必要です。そのため、どうしても部下へのメッセージは、ネガティブなことになりがちです。

上司としては、よりよくするための改善点の指摘ですが、部下にとっては「ダメ出し」「自分を否定された」と、ネガティブな気持ちにさせてしまう行為になりかねません。

部下を指導するときは、部下を否定しているわけではないことを示す必要があります。「あなた(部下)のことは認めているよ」という肯定的メッセージと「改善点」のメッセージの割合を8対2にして伝えましょう。ポジティブな気持ちで改善点を受け止められると、相手は聞く耳を持って改善してくれます。

部下がミスを報告しない、ミスを受け入れられない背景に、「叱られたくない」「できない奴だと思われたくない」という意識があります。言い換えると、自分に自信がなく、つねに不安であるということ。そんな状態のときに、上司からダメ出しされたり、ネガティブなことを言われたりしたら、頑張ろうという気持ちになれません。

反対に、ポジティブな気分になるような言葉を上司にかけられたら、部下は不安が和らぎ、少しだけ自信を取り戻して、「もっと認められるようになろう」と頑張るようになります。さらに部下がポジティブになると、上司も悩みが消え、ポジティブになれます。ネガティブなポイントを肯定的に伝えることが、チーム全体のパフォーマンスにもつながってくるのです。

次ページ言葉の順序で印象が変わる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT