2011~12年のグローバル・マクロ経済シナリオは「弱含みの回復」で変わらず《ムーディーズの業界分析》


2011~12年の予想:中心シナリオは依然、「弱含みの回復」

ムーディーズは、マクロ経済と金融に関する中心シナリオとして、以下のシナリオを維持する。すなわち、先進国の景気は弱含みの回復を示すが、レバレッジの解消への取り組みが進み、政策の優先事項が財政再建にシフトする中で、金融市場のセンチメントが政策の失敗(実際の失敗および認識上の失敗)に過敏になりすぎるという逆風に引き続き直面する、というシナリオである。対照的に、新興市場国では、堅調な経済成長が継続すると予想している。

先進国では、高失業率、家計・銀行・政府のバランスシートの修復の必要性、一部諸国の不動産市場の低迷、財政再建を促す市場圧力などの問題を抱えるため、経済成長は抑制されるだろう。地域によって回復ペースが異なる状況が続き、主要新興市場国が経済成長を牽引するだろう。一部の新興市場国は力強い成長を維持するとみられるが、成長ペースは若干減速し、潜在成長率に近づいていくとみられる。下図は、11年のリスクバランスの変化と、地域によりどの程度異なるかを示したものである。

[+]画像拡大

先進国と新興市場国間の金融環境の分断はさらに進む、とムーディーズは予想している。先進国では、デフレリスクとインフレリスクは相互に排他的ではなく、連続したリスクであるとの見方を維持する。新興市場国では、インフレがより大きなリスクとして浮上してきた。

また、大半の国で金融環境は緩和すると予想されるが、市場の不確実性がかなり残るユーロ圏では、厳しい状況が続くだろう。過去1年にわたり、いくつかのポジティブな展開が見られた。全般的に、資産価格と銀行の規制自己資本比率が改善、評価損と貸倒引当金がグローバルに減少し、社債市場は底堅く推移した。事業会社の社債発行額は、09年の過去最高水準には及ばなかったが、ユーロ圏を中心に長期平均を上回った。

しかし、金融セクターに対する信認は完全には回復していない。株式市場はここ数カ月、高い変動性を見せている。銀行は資金調達コストの上昇などの圧力にさらされているが、それに対する政府の対策に大きな進展が見られず、銀行は今後2年間で多額の借り換えの必要性に直面する。新銀行規制の要件が銀行のバランスシートに与える影響、ひいては貸し出しや経済成長に与える影響も、不透明である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT