「共感力がある人」と実はない人の決定的すぎる差 「共感アピール」をする人はとってもウザい

印刷
A
A
共感力の高い人と低い人の差はどこにあるのでしょうか(写真:Fast&Slow / PIXTA)

対人関係をよくするためには、共感力が必要だ。最近特にビジネスの現場では「共感力」や「共感コミュニケーション」というキーワードが取りざたされている。しかし不要な共感力もあるのだ。

相手のことをわかっていそうで、わかっていない。にもかかわらず、あたかも「私は共感してます」とアピールする人がいる。

「君のことは私がいちばんわかってるんだよ。こういうふうに感じてるんだろ? 私はちゃーんとわかってるんだから」と言うのだが、実のところまったくわかっていないのだからタチが悪い。共感力というより「共感アピール力」と言えばいいのか。こういう共感力は、対人関係を悪くする。

いろいろな経営者と話をするが、「社員のことは私が一番わかっている」という話をよく聞く。本当にそうだろうか。社員からヒアリングすると、その実態がかけ離れているケースもある。こういう人は共感力が低いのだ。

共感力が高い人と低い人の差

辞書を引いてみると、共感とは「他者と喜怒哀楽の感情を共有すること」とある。目の前の相手が苦しい気持ちでいるなら、何も言わなくても「苦しいんだろうな」と、その感情を共にできる。そういう力が共感力だ。もっと共感力が高ければ、

・苦しいけれど、声をかけてもらいたくない

という感情も共にできる。さらにレベルが高い共感力を身につけていれば、

・苦しいけれど、声をかけてもらいたくない、しかし何気ない素振りで仕事は手伝ってほしい

こんな感情、思いまで共有できるのだ。つまり、「こんなの全然大丈夫だって。お前ならできる」と言ってくる上司は問題外だが、「苦しいんだろ? けっこうキツイよなァ。わかるよ、俺はお前の気持ちが痛いほどわかる」と声をかけてくる上司も、実は共感力が低い。

さらに、「大変でしょ。その仕事、私が手伝ってあげようか?」と優しく声をかけてくる先輩も共感力は高くない。「わかってないな」という気持ちを抱かれる。

嬉しいのだけれど、「あ、いいです。これが私の仕事なので」とついつい言ってしまう。そういうふうに声をかけられると、素直になれないときって誰にでもあるのだ。しかし、そのような感情まで認知できる人は少ない。

次ページ共感力のレベルが高い人は何をする?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT