シャルリの描き方の違いに見る差別意識

塩尻宏・元駐リビア大使に聞く(前編)

「シャルリ・エブド」社は、一週間後に発行した1月14日版に、預言者ムハンマドが「私はシャルリ」と書いたポスターを掲げながら涙を流している風刺画を再び掲載し、改めてイスラーム世界の批判を受けました。アズハル大学も即日声明を発表し、「シャルリ・エブド社」が再び預言者の諷刺画を発刊したことを強く非難すると共に、全てのイスラーム教徒に対して「預言者の慈愛や人間性は遥かに気高いものである」としてこのようなおぞましい行為は無視するよう求めている。

また、フランシスコ・ローマ教皇は、1月15日にフィリピン訪問途次の飛行機内で記者団に対して、「神の名をかたって行われる悲惨な暴力は断じて正当化できない」と非難すると共に「他者の信仰を侮辱したり、もてあそんだりしてはならない」と述べて、「表現の自由」にも一定の限度があるとの考えを示しています。これらが、キリスト教社会でもイスラーム教社会でも、理性ある人々のコンセンサスでしょう。

テロという言葉の使い方も考える必要がある

世界では、不満を抱えた若者による銃乱射事件がたびたび起きていますが、イスラーム教徒による事件は「テロ」と呼ばれ、キリスト教徒などの場合には「テロ」と呼ばれないのはなぜなのか。そういうことも考える必要があるのではないでしょうか。

――フランスは北アフリカを植民地にした歴史があり、イスラーム世界の事情にも精通しているはずです。オランド大統領は、グランゼコールを卒業した高度な知識人であり、左派(社会党)の出身です。しかし、「宗教の問題ではない」と前置きしながらも、「表現の自由」を声高に主張して、結果としてイスラーム世界に対抗する印象を与えることになってしまった。

それは政治の世界の論理だからです。左派か右派かを問わずフランス国民の多くが「共和国の原理」、すなわち「政教分離」、「表現の自由」を暴力で侵されたと怒って興奮状態にあるときに、大統領が、それを抑制しようとせず、その場のポピュリズムに乗ることは、政治家としてはよくあることでしょう。

次ページ繰り返される事件
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT