シャルリは表現の自由の限界に挑戦していた

シャルブが活躍した子供新聞編集長を直撃

風刺画家ステファン・シャルボニエ氏(愛称「シャルブ」)を追悼する、モン・コティディアンの1月9日付け紙面

1月上旬、フランスは史上最悪ともいえる連続テロ事件に遭遇した。風刺週刊紙「シャルリ・エブド」のパリ本社で、風刺画家、編集者、記者など12人が武装姿の男性たちに銃殺された上に、連続して発生したテロ事件などで5人が死亡。合計17人が命を落とした。

渦中のパリで関係者は何を考えているのか。今回は殺害されたシャルリ・エブド紙元編集長で風刺画家ステファン・シャルボニエ氏(愛称「シャルブ」)が1990年代に活躍した子供向け新聞「モン・コティディアン」(「私の日刊紙」)を発行する出版社「Play Bac」を訪ねた。

悲しみと怒りを込めて描いた風刺画 

1990年代、シャルブは子供向け新聞「モン・コティディアン」で漫画を描いていた。彼が生み出した少年と犬のキャラクターは他の風刺画家たちの手によって引き継がれ、現在も子供たちの目に触れている。

出版社「Play Bac」は、10~14歳向けの「モン・コティディアン」のほかに、7~10歳向けの「プティ・コティディアン」(小さな日刊紙)、14歳から17歳向けの「ラクテュ」(「ヘッドライン」)を発行している。紙版は購読制だが、電子版がテロ直後の号(9日付)以降、ウェブサイトからダウンロードできるようになっている

上記の3紙に加え、経済情報を扱う「レコ」(「経済」)も含めると全購読者数は15万人。読者数は全紙合わせて200万人という。

パリ市内にある子供新聞の編集室を訪ねると、建物の入り口には防弾ベストを着て銃を抱えた警察官が2人立っている。物々しい雰囲気だ。呼び鈴を鳴らすと通りに面したゲートが開いた。中庭を通って、編集室があるビルのインターコムを押してから中に入る。

次ページデュフォー編集長は赤いズボンがトレードマーク
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。