シャルリは表現の自由の限界に挑戦していた

シャルブが活躍した子供新聞編集長を直撃

ブリドウロ氏が描いた風刺画の1つは、犠牲者となった風刺画家に見立てた4本のペンが1発の銃弾によってぶち抜かれるものだった。9日付「ラクテュ」の表紙に使われた。

ブリドウロ氏が漫画を描いた、1月9日付けの「ラクテュ」の表紙

ラクテュにもモン・コティディアンにもシャルリ・エブドの風刺画が数枚が掲載されており、その中には14日に発売されたシャルリ紙の表紙にあった風刺画も含まれていた。イスラム教の預言者ムハンマドが「すべては許される」と言っている風刺画である。

子供新聞の漫画は、テロ事件、殺害、暴力による言論の封殺など暗く重いテーマを扱いながらも、どれも思わず微笑むようなユーモアがある。シャルリ・エブドの風刺画に見られたようなきつさ、挑発はない。

物静かに話すブリドウロ氏に、シャルリ・エブドの漫画は過度に対象を揶揄する、時として侮辱とも言える表現だったのではないかと聞いてみた。

シャルリ・エブドは表現の自由の限界に挑戦していた

「確かに度を越した風刺だと言っていた人もいる。しかし、自分は個人的にはやりすぎだとは思っていなかった。表現の自由だ。宗教も風刺の対象として例外ではない。イスラム教徒の一部の人が自分たちの宗教を題材にした風刺画を好まないことは知っている。しかし、違法ではない」。

シャルリ・エブドは表現の自由の限界に挑戦していたのだという。「自分にとっては、『ここまでできる』ということ示すものさしのような役目をしていた。自分のスタイルとは違うが、そういう媒体が存在していることが非常に重要だと思っていた」。

通常はユーモアを使って、子供たちに何かを説明するために描くが、「今回は違った」という。「悲しみと怒りにかられた、リアクションとして描いていた。銃弾が風刺文化を殺したことについて、読者に考えて欲しかった」。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。