学童野球で野球好きを生む地域リーグが広がる訳 子供を育てる本格的な山陽フロンティアリーグ

✎ 1〜 ✎ 130 ✎ 131 ✎ 132 ✎ 最新
印刷
A
A

筆者は全日本軟式野球連盟の取材も行っているが、全軟連そのものは学童野球のルールの改正や健康面への配慮など、様々な改革を打ち出してはいる。しかし、その傘下の地方ブロックでは、年配の指導者が多くて、なかなか改革が進まないのだ。

地域によっては、新しい取り組みをしようとした少年野球チームが地域の交流戦から排除されることもある。また、そういうチームに限って試合前に審判が、グローブやバットなどが「公認」のものかどうか、念入りにチェックしたりする。チーム指導者にとっては、それが無言の圧力にもなる。

小学生のリーグの設立は、こうした古いしがらみを振り切って、小学生の「野球好き」を一人でも多く生み出すための「改革運動」という側面もあるのだ。

この日は5チームが集まって3試合が行われた。試合時間は90分、球数制限もある中で、子どもたちは思い切り野球を楽しんだ。試合の後は白根尚貴氏が投球、打撃を披露した。「山陰のジャイアン」と言われた剛球、豪打は引退後も健在で、子どもたちは驚きの声を上げていた。さらに白根氏は、子どもたちにノックも行った。丸一日、子どもたちは野球の楽しさを堪能した。

手作りのリーグはまだ始まったばかり

今後の展望について、倉敷フューチャーズの三浦英樹監督は、「チーム数をもっといっぱい増やしたい。そして力に応じてレベルを分けた方が面白いかもしれない。私としては、とにかく中学、高校、大学まで野球好きのままで、ずっと続けてほしい」と語る。

まだまだ始まったばかりの5チームのリーグだ(筆者撮影)

倉敷ジュニアリバティーズの後藤尚毅GM兼任監督は、こう締めくくった。「今は、岡山、倉敷、福山のチームが寄り集まってリーグ戦をしていますが、それぞれの市内でリーグができるようになればいいと思います。

同様の草の根のリーグが全国で誕生しつつありますので、そうしたリーグとも連携したい。

さらに、中学や高校のリーグ戦とも連携したいですね。率直に言って、新しいことを始めようとすれば、いろんなプレッシャーはあります。でも、一緒にやる仲間が多ければ多いほど、面白いことができると思います。ここからスタートですね」

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT