「海の森水上競技場」が負の遺産を回避するカギ 五輪施設の課題点は認知度向上とアクセス改善

印刷
A
A
五輪の施設として使われた海の森水上競技場は4月29日に再開業した(筆者撮影)
この記事の画像を見る(7枚)

2022年度に入り、東京五輪・パラリンピックの施設活用が本格化している。筆頭である新国立競技場では、4月29日にJリーグ初となるFC東京対ガンバ大阪戦が開催され、4万3000人超を動員。その後も5月8日のセイコーグランプリ陸上、14日のWEリーグ・INAC神戸レオネッサ対三菱重工浦和レッズレディース戦などのスポーツイベントが組まれている。

海の森水上競技場は4月末に再開業

東京都が整備した5つの新規恒久施設も同様だ。2021年10月にいち早く再開業した夢の島公園アーチェリー場に続き、4月29日には海の森水上競技場がオープン。当日は冷たい雨の降るあいにくの天候ではあったが、午前中からオープニングイベントが開かれた。

ステージプログラムのメインは東京五輪ボート女子軽量級ダブルスカル日本代表の富田千愛(関西電力)、同パラカヌー日本代表の瀬立モニカ(江東区カヌー協会)、プロフィギュア選手の村上佳菜子らによるトークショー。約2000の観客席の8割程度が関係者やファンで埋まり、盛り上がりを見せた。その後、深川富岡八幡 葵太鼓やアイドルグループ「仮面女子」のパフォーマンスも場に華やかさをもたらした。

オープニングイベントの様子(筆者撮影)

さらに、約79haという広大な敷地を生かし、アイドルの野外フェス「クロフェス2022」(主催=テレビ朝日/ライムライト)も30日にかけて2日間実施され、こちらも盛況を博した。

一方、競技体験会も4月29~5月5日にかけて行われた。

初日はボート・カヌー・パラトライアスロンの3種類の体験ができるようになっていて、予約は満員。筆者も4人乗りボートにトライしたが、オールを漕ぎながら全長2000mの競技コースを走るというのは、なかなか経験できない貴重なチャンス。取材を忘れて必死に取り組んでしまったほどだ。

次ページ東京湾を一望できる爽快な環境は強みに
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT