「奨学金570万円」の33歳女性、住宅ローンに暗雲 「奨学金は俺が払う」と宣言した夫は家を出た

印刷
A
A
高校生の頃から奨学金を借りていたという女性。大人になり、過去を振り返って思うこととは?(写真:kazuma seki/GettyImages)
これまでの奨学金に関する報道は、極端に悲劇的な事例が取り上げられがちだった。
たしかに返済を苦にして破産に至る人もいるが、お金という意味で言えば、「授業料の値上がり」「親側におしよせる、可処分所得の減少」「上がらない給料」など、ほかにもさまざまな要素が絡まっており、制度の是非を単体で論ずるのはなかなか難しい。また、「借りない」ことがつねに最適解とは言えず、奨学金によって人生を好転させた人も少なからず存在している。
そこで、本連載では「奨学金を借りたことで、価値観や生き方に起きた変化」という観点で、幅広い当事者に取材。さまざまなライフストーリーを通じ、高校生たちが今後の人生の参考にできるような、リアルな事例を積み重ねていく。

「小学生の頃に両親が離婚し、私は母子家庭で育ちました。母・弟との3人暮らしで、奨学金は高校生の頃から借りています」

本連載の応募には、高校生の時から奨学金を借りていた人からの応募がある。関東地方に住む、小柳葵さん(33歳/仮名)もそのひとりだ。

画像をクリックすると本連載の過去記事にジャンプします

「母は正社員と契約社員を行き来していて、正直稼げていませんでした。母子家庭ということもあり、私が進んだ公立高校の学費は免除になりました。

だけど、母から『借りないと学校に行けない』と言われ、中学生の私はよくわからないまま無利子の奨学金を60万円分申し込みました。『奨学金を借りている』という意識もないまま高校を卒業、大学入学前に奨学金の返済を促す通達がきたときは驚きましたね」

奨学金を借りた経緯

金銭的な理由から大学進学を諦める人は少なくないが、それでも、小柳さんの進学を後押ししたのは母親だった。

次ページ母親が大学進学を勧めた理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT