ひろゆき「コミュ障でも問題ない」と断言する理由 「好きじゃないけど、やれと言われたらやる」

印刷
A
A
ひろゆきさんがオファーがあっても断る仕事とは?(写真:川崎太師)
軽快でわかりやすく、説得力のあるトークに定評がある、「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」の設立者で、現在は多数の企業に携わる「ひろゆき」こと西村博之さん。コミュニケーションの達人かと思いきや、実は「ややコミュ障気味」なのだといいます。そんなひろゆきさんは、「コミュ障でもぜんぜん問題ないです」と断言します。ひろゆきさんの最新刊『無敵のコミュ術』から一部抜粋・再編集してお届けします。

「コミュ障」は治らない

「もしかしたら、自分はコミュ障なんじゃないか?」
そんなふうに悩んでいる人というのは、意外と少なくありません。

そもそも「コミュ障」というのは「コミュニケーション障害」の略語。若干、自嘲(じちょう)気味に使われることの多いネット発のスラングです。

実際に、障害というほどの困難を抱えているケースは少ないかもしれませんけど、人知れずコミュニケーションに不安を感じている人は、一定数いるようです。

お金がないだとか、体の調子が悪いだとか、ぜんぜん勉強ができないというような、もっと物理的な悩みもありますが、社会生活を送るうえでの普遍的な悩みには、人間関係にまつわるものが圧倒的に多いのですね。

僕はユーチューブで、ダラダラお酒を飲みながらいろいろな質問を受けてひたすらそれに答えまくる、みたいな生配信をやっていますが、悩み相談もたくさんきます。

「人間関係がうまくいかない」「コミュ障をなんとかしたい」と苦しんでいる人も多い。

そうやって質問を受けていて感じるのは、コミュ障で悩んでいる人は、こじらせている人が多いということです。こじらせているというのは、劣等感が強かったり、ひねくれていたりと、何やら面倒な感じに陥ってしまっている状態ですね。

こじらせたことでコミュ障になるのか、もともとコミュ障だからこじらせてしまうのか、どっちが先かは僕にもわかりません。いずれにしても、こじらせている人のコミュ障率は高い印象です。

コミュ障をなんとか克服しようとして、余計に「こじらせ」が悪化してしまう人も多い気がするのですが、程度にもよりますけど、実はコミュ障は治りません。

次ページ人の性格は変わらない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT