子どもが自主的に動く!「習慣化」5つのポイント 毎日、無理のない範囲で継続することが大事

✎ 1〜 ✎ 184 ✎ 185 ✎ 186 ✎ 最新
拡大
縮小
子どもの習慣を作る助けになる、「習慣化モデル」5つのポイント(写真:zon/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

【相談内容】
4月から小5になる子がいます。新学期になるにあたって生活習慣を整えることや、自分から勉強するようにさせたいと思っています。しかし、現状はいつも私が言わないとやらない状態です。例えば、片付けや宿題は私が言わないとやりません。自らできるようにするにはどう声かけすればいいでしょうか。
(仮名:池谷さん)

大事なのは「習慣化モデル」を作ること

ゲームや遊びなど子どもの関心が高いことであれば、子どもは親から言われなくても自主的に行動しますよね。しかし、生活習慣や勉強関連は、できればやりたくない領域であることも多いだけに、なかなかそうはいきません。

この連載の記事一覧はこちら

親からの「声かけ」という方法で、なんとか“やらせよう”とする人もいます。「何も言わないと子どもがやらないから」というのが理由です。しかし、それで一時的にやったとしても、大抵は続きません。池谷さんに限らず、多くの家庭で同じことが起こり、親御さんが頭を抱えているのです。

これまで筆者はMama Caféという母親対象のライトな学びの会を6年間行い、1万人以上の方から質問を受けてきました。その中でも、同様の質問は多くありました。その際、決まってお伝えしてきたのは、「声かけモデル」ではなく、「習慣化モデル」を作ることが大事、ということです。

例えば、歯磨き。小学生では、もう親から言われなくても自主的に歯磨きしている子も多いでしょう。「歯磨きしようね」と促していた時期もあったと思いますが、どうして気づけば自主的に歯磨きするようになったのでしょうか。それは習慣として定着したからでしょう。それはある意味、自主的に行動するようになったと言ってもいいかもしれません。

そこで池谷さんには、「習慣化モデルを作るための5つのポイント」についてご紹介します。習慣化のポイントがわかれば、歯磨きのごとく、子どもは親から言われなくても自主的に行動する可能性は高まります。

次ページ習慣化するためには、無理のない範囲での継続が必要
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT