25行が赤字、地方銀行「本業利益」ランキング 独自試算で地銀の収益格差が浮き彫りに

印刷
A
A

貸し出しの利息や手数料収入など、銀行の「本業」でどれくらいの収益を上げられているのか。金融庁も注目する指標でランキングした。

コロナ禍で特需的な資金需要が発生しているが……(編集部撮影)

特集「2021年版 地方銀行ランキング」の他の記事を読む

「コロナ禍で本業の収益が伸びたのは、不幸中の幸い」。地方銀行の幹部はそう口をそろえる。

資金需要が乏しく、低金利競争から収益は厳しいまま。それが地銀を取り巻く事業環境だった。が、コロナ禍での資金繰り支援によって融資残高が増加。M&Aやビジネスマッチングで顧客を支援する機会も増え、手数料収益も拡大している。

融資や手数料などの収支は「本業利益」でみるのが適切だ。これはコア業務純益(資金利益と手数料収入から経費を引いたもの)から有価証券の利息配当金などを除外したもので、より厳しい条件で本業の儲けをみる指標だといえる。決算資料に本業利益の記載はないものの、金融庁の資料でもたびたび取り上げられ、重要視されている。

今回、2021年度中間期の決算を基に全国99の地方銀行の本業利益を算出し、低い順に並べた。そのうち、「本業赤字」の銀行は25行あった。コロナ禍で融資や手数料収入が伸びているものの、地銀の収益を大きく改善させるものではないのが現実だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
2021年版 地方銀行ランキング
地銀の「格差」を見分ける3つのポイント
全国100社の最新決算を総まくり
地方銀行「総合」ランキング
2020年度決算から健全性、収益性、成長性で独自採点
地方銀行「貸出残高増減率」ランキング
最も増やした銀行は22%増
地方銀行「経費率」ランキング
銀行の効率性が一目瞭然
地方銀行「不良債権比率」ランキング
ワースト1位が唯一の10%超え
次なる再編の焦点は「1県3行」エリア
「全国地銀マップ」で読み解く
地方銀行「自己資本比率」ランキング
1位は19.3%、最下位は7.1%
地方銀行「コア業務純益」ランキング
最も多い銀行は唯一の700億円超え
地方銀行「本業利益」ランキング
100社のうち30社が“赤字"
70%台が8人、地銀頭取「支持率」ランキング
株主総会の「賛成率」を総チェック
愛知銀、中京銀のタッグで狙う「県内最強」の試練
名古屋銀行を抜き去り資金量トップに
変わる「東海エリア」地方銀行の序列
愛知銀行と中京銀行が経営統合
3指標で実力診断、地方銀行「総合」ランキング
2021年度の中間決算で独自採点
地方銀行「経費率」ランキングが示す効率性の違い
経費率90%台から40%台まで大きな差
25行が赤字、地方銀行「本業利益」ランキング
独自試算で地銀の収益格差が浮き彫りに
京都銀、海外ファンドから「無視できない」要求
地銀にとって決して他人事ではない株主の動き
きらやか銀行、「3度の公的資金申請」に漂う不安
運用受託で含み損拡大のSBIにも厳しい視線
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内